2022年1月14日に日本仕様が公開された日産新型「フェアレディZ」。先行して特別仕様車となる新型「フェアレディZ プロトスペック」の抽選申し込みが開始されます。では、プロトスペックにはどのような装備が採用されるのでしょうか。

新型フェアレディZ プロトスペック」の装備はナニが付くのか?

 2022年6月下旬に発売される日産新型「フェアレディZ」。先行して2月7日から特別仕様車となる新型「フェアレディZ プロトスペック」の抽選申し込みが開始されます。

 日本市場での新型フェアレディZのグレードは、「フェアレディZ(6速MT/9速AT)」「Version S(6速MT)/Version T(9速AT)」、「Version ST(6速MT/9速AT)」そして特別仕様で限定240台のプロトスペック(6速MT/9速AT)がラインナップされます。
 
 日本仕様のボディサイズは、全長4380mm×全幅1845mm×全高1315mm、ホイールベース2550mm。

 練されたエクステリアデザインは、歴代Zへのオマージュを感じさせる工夫が随所に盛り込まれています。

 LEDヘッドライトは、240ZG(S30型)を彷彿とさせるふたつの半円を採用。テールランプまわりはZ32型からインスピレーションを受けているといいます。

 パワーユニットは、最高出力298kW(405馬力)、最大トルク475N・m(48.4kgf・m)の新開発3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載することで、シャープでスムーズなレスポンスを実現。

 さらに、トランスミッションは6速MTと新開発の9速ATを設定し、シフトレバーはMT/ATとも握りやすさと快適性を追求するために新開発しました。

 そうしたなかで、240台限定で先行発売されるプロトスペックは、エクステリアにイカズチイエローとスーパーブラックの2トーンのボディカラーを採用。

 このボディカラーは、雷からインスピレーションを受けた鮮烈なイエローを表現するために、高彩度イエロー顔料とゴールドに輝く人工パールフレークを用いた4層構造を採用。

 心を射抜かれるような美しさと力強さを感じていただける新たなイエローを生みだしたといいます。

 足元にはレイズ製19インチアルミ鍛造ホイール(専用カラー:チタニウムゴールド)や、4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ(イエロー)などを装備しました。

 インテリアには、本革・スエード調ファブリックコンビシート(イエローセンターストライプ、イエローステッチ、イエローアクセントライン)などを採用。

 そのほか、インストパネル、ドアトリムクロス、MTシフトノブブーツ、ニーパッドなどに専用カラーステッチを施しました。

 また、特別サイトではプロトスペックのMT/ATにおける主要装備が公開されており、「標準装備」「プロトスペック専用」「ディーラーオプション」を見ることが可能です。

 まずMT/ATでの違いでは、ATのみの装備として「電制シフト」「パドルシフト」「ドライブモードセレクター」「踏み間違い衝突防止アシスト」が設定されています。

 一方のMTのみとなるのは「本革巻シフトノブ」「MTシンクロレブコントロール」といった装備です。

 そのほか、ディーラーオプションとしては「キッキングプレート(イルミネーション機能付:LED付・白色発光)」「トノカバー(Ultrasuede製)」「フロアカーペット」「ドライブレコーダー」「マッドガード」となり、ナビゲーションシステムやETC2.0などは標準装備となっています。

※ ※ ※

 今回の発表によりプロトスペックのMT/ATでの装備差やディーラーオプションが判明しました。

 車両価格は消費税込でMT/ATとも696万6300円です。

 今後、抽選開始に向けてさらなる情報が出てくるのか、また標準仕様に関する追加情報など、2022年前半は新型フェアレディZに注目せずにはいられません。