東京オートサロンの目玉のひとつはトヨタが世界初公開した「GRMNヤリス」ですが、埼玉自動車大学校は「ヤリスJr」を世界初公開しました。トヨタ社長も驚いた素敵なホットハッチとはどのような仕様なのでしょうか。

心臓部にはニンジャのエンジン!? 本家よりも小さなミニミニホットハッチにトヨタ社長も驚愕!

 2022年1月14日から16日に掛けて開催された東京オートサロン2022では、トヨタが「GRヤリス」をさらにスパルタンにしたトヨタ「GRMNヤリス」を出展するなど、コンパクトなホットハッチの展示も目立ちました。
 
 そんななか、トヨタの豊田章男社は会場で発見した本家GRヤリスよりもさらにコンパクトな「ヤリスJr」に驚く場面がありました。

 豊田社長は、佐々木雅弘選手がトヨタイムズの取材で東京オートサロンの会場を練り歩く企画にサプライズ参加。

 道中は、日産ブースの新型「フェアレディZ」やジャオスブースのレクサス「LX600」のオフロードカスタムを堪能していました。
 
 そうしたなかで、埼玉自動車大学校のブースでは、顔付きはGRヤリスそのものでありながらコンパクトなヤリスJr.を発見したのです。

 ヤリスJrのベースとなっているのは、トヨタ「iQ」です。

 サイドのシルエットにその面影は残っていますが、フロントマスクとリヤはGRヤリスと同様のデザインとなっています。

 外装のカラーリングも、GRヤリスのカタログカラーである「エモーショナルレッドII」を再現。

 カーボン風にラッピングされたボンネットと相まって、スポーティな雰囲気がアピールされています。

 外装の工程ではパテは極力使用せず、地道な作業によってGRヤリスのフォルムに近づけたといいます。

 おもにフロントマスクの制作を担当した学生は「バンパーとボディを違和感なく接合するのに苦労した」と製作時を振り返ります。

「走れるカスタムカー」をコンセプトにしたということもあり、心臓部にも大きく手が加えられています。

 本家のGRヤリスには1.6リッター直列3気筒ターボエンジンが搭載されていますが、このヤリスジュニアではカワサキ「ニンジャ」に使用されている1.4リッター4気筒エンジンへと換装。

 さらに、エンジンはリアミッドシップに置かれ、駆動方式もRRへと変更されています。

 車両を損傷することがないよう、オートサロンまではほとんど走行させないようにしていたとのことで、現段階では「なんとか走ることはできる状態」のようですが、今後はサーキットでも走行ができるよう各部のチューニングを進めていくといいます。

 このヤリスJrは、10人の製作メンバーでおよそ3か月の期間を経てオートサロンへと出展されました。

 製作メンバーの学生は、ヤリスJrについて「ベース車両をストレッチするカスタムはよく見かけますが、短くすることはなかなかないため、おもしろいのではと思って企画しました」と話します。

 製作予算は100万円という制限があるため多くの部品を協賛に頼るなど、学生ならではの苦労もあったようです。

 前述の豊田社長はヤリスJrを見るなり「これiQなんだ。顔がヤリスに見えるけど違和感ないね。すごいねこのクルマ。

 後ろもiQじゃなく全部ヤリスなんだ。形は昔のiQだけどね。いいねーこれ。RRっていのもスゴいよね」

 と終始驚きを隠せないようでした。さらに最後にはフロントガラスに「モリゾウ」のサインをしたことにより、本家GRヤリスのファーストエディションと同様のするなど世界でただひとつのヤリスJrが豊田社長の公認になった瞬間ともいえます。

※ ※ ※

 そんな埼玉自動車大学校の製作メンバーたちは、やはり同じく学生による出展となる日本自動車大学校(NATS)には強いライバル意識があると話します。

 NATSではトヨタ「センチュリー」をストレッチリムジン化したカスタムカーが注目を集め、豊田社長も乗り込むなど話題となりました。

 全体的にトヨタ車の出展が目立った今回のオートサロンでしたが、ヤリスJrはあらゆるトヨタ車のカスタムカーにも負けない印象的な1台に仕上げられており、まさに学生たちのアイデア勝ちといえそうです。