ホンダは東京オートサロン2022にカスタムモデル「3rd Place VAN」を出展しました。ホンダによると「仕事と趣味をシームレスに繋げるトレーラー風カフェ」ということですが、どんなモデルに仕上がっているのでしょうか。

メッキフィルムを用いた外装にも注目

 ホンダは、軽商用車「N-VAN」をベースにしたカスタムモデル「3rd Place VAN」を東京オートサロン2022に出展しました。

 外装や内装に木材を効果的に用いたことで、レトロでおしゃれな雰囲気も感じられる仕様となっていますが、どのようなカスタムが施されたのでしょうか。

「3rd Place VAN」は、2021年開催のバーチャルオートサロン2021にあわせて発表されたカスタムモデルで、「仕事と趣味をシームレスに繋げるトレーラー風カフェ」というコンセプトが掲げられています。

 車内には木のテーブルが設置されたほか、N-VANのセンターピラーレスドアの上部にルーフタープを配したことで、トレーラー風カフェのスタイルを表現しました。

 ちなみに、カスタムにあたっては内装にまったくネジを打っていないなど、ベースの仕様に対して過度な変更を加えていないことも特徴。

 N-VANユーザーが「3rd Place VAN」風のスタイルを楽しめるように、ホンダの公式サイトではテーブルを自作するための設計図も公開されています。

 外装はメッキフィルムをヤスリで荒く削ることで、独特の金属感がある外板を実現。メッキフィルムを継ぐ必要のある場所でリベットをすることで、デザイン上のアクセントになっています。

 自分の趣味やスタイルにあわせて使い倒せることがN-VANの特徴のひとつですが、ベース車の魅力をホンダ自らがフルに楽しんだことで、「3rd Place VAN」が生まれたといえるでしょう。