ホンダが東京オートサロン2022で初公開したカスタムモデル「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」は、新型「ステップワゴンスパーダ プレミアムライン」をベースにカスタムパーツを装着した仕様だといいます。どんな外観に仕上がっているのでしょうか。

15mmローダウンした「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」

 ホンダは、新型「ステップワゴンスパーダ プレミアムライン」をベースにしたカスタムモデル「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」を東京オートサロン2022(2022年1月14日から16日)で初公開しました。

 カスタムされた仕様ではあるものの、「ステップワゴンスパーダ プレミアムライン」が公の場に登場するのは初めてだったといいます。どのようなスタイルで公開されたのでしょうか。

 ホンダは新型ステップワゴンのジャパンプレミアを2022年1月7日におこない、内外装を初披露。

 水平基調なシルエットや、いわゆるオラオラ顔とは違う大人しいフロントフェイスはこのとき明らかになり、公開直後から大きな反響がありました。

 そして、このときオープンしたティザーサイトで、「ステップワゴンスパーダ」をベースにした上級仕様としてプレミアムラインの存在が明らかになりました。

 ステップワゴンスパーダ プレミアムラインでは、シート表皮にスエード調レザー×プライムスムース(合皮)を採用(通常のステップワゴンスパーダはファブリック×プライムスムース)。

 外観はメッキ加飾がプラチナメッキに変更されるほか、ヘッドライトに「アダプティブドライビングビーム」も装備されます。

 そんななか、東京オートサロン2022で公開されたカスタム仕様は、15mmローダウンした車高調整式サスペンションを装備したほか、ホイールの換装やカーボン柄ドアミラーカバーの装備、ルーフ部分のラッピングカスタムなどが特徴。

 大人な雰囲気のカスタム仕様といった印象で、実際に販売されたら注目となりそうな存在感を放っていました。

 ホンダは新型ステップワゴンの発表・発売時期を2022年春とアナウンスしています。ただし、東京オートサロン2022で披露されたカスタム仕様(ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト)については、市販化は未定ということです。

 それではここでクイズです。

 6代目となる新型ステップワゴンについて、ホンダはステップワゴンスパーダ・ステップワゴンスパーダ プレミアムラインのほかに、新たなタイプを設定しています。

 その新タイプの名前は次のうちどれでしょうか。

【1】ステップワゴンスパイク

【2】ステップワゴンスラッシュ

【3】ステップワゴンエアー

【4】ステップワゴンクラリティ

※ ※ ※

 正規は【3】の「ステップワゴンエアー」です。

 6代目 新型ステップワゴンから設定されるステップワゴンエアーは、クリーンでシンプルなデザインに細いメッキモールがあしらわれ、上質感のある外観に仕上げられました。

 内装は、温かみのあるカラーを用いた明るい室内でリビングのように過ごせる空間を実現しているといいます。

 なお、ステップワゴンエアーに上級仕様(プレミアムライン)は設定されない模様です。