トヨタ新型「ランドクルーザー」の標準仕様をあえてGRスポーツ仕様にカスタムした異色の手法とはどのようなものなのでしょうか。

無骨でシックなオフロード仕様! GR顔の何かが違うランクルとは

 2021年8月に14年ぶりのフルモデルチェンジを遂げたトヨタ新型「ランドクルーザー(300系)」。
 
 そんなランドクルーザーの標準仕様「AXグレード」をベースにGR顔&リフトアップしたカスタムカーが存在するといいます。

 新型ランドクルーザーは、標準の「GX」「AX」「VX」「ZX」に加えて「GRスポーツ」がラインナップされています。

 フロントフェイスのデザインをはじめ、さまざまな部分で標準とGRスポーツには違いが挙げられますが、標準仕様をあえてGRスポーツ仕様にカスタムする手法が存在するようです。

 その異色なカスタムを手掛けたのは、ランドクルーザーや「ハイエース」、米国トヨタの新車・中古車販売を手掛けるフレックスドリームです。

 フレックスドリームから販売されているこのGR顔の標準仕様は、車高を挙げる通称リフトアップのカスタムが施されています。

 フレックスドリームの広報担当者は、「現行のランドクルーザーが販売されてすぐにリフトアップにチャレンジしました。リフトアップする場合は、比較的安価なグレードのほうがカスタムしやすいのでAXグレードを選びました」と話します。

 ランドクルーザーは、実際にはAXグレードよりも、ZXグレードやGRスポーツのグレードの人気が高いようですが、カスタムのしやすさを考えて、あえてAXグレードを選択したとのことです。
 
 フロントバンパーやグリル、アーチモールは、見た目のカッコ良さを重視してAXグレードの純正バンパーからGRスポーツグレードの専用パーツに換装されています。

 本来、AXグレードには「T」バッチが付いていますが、GR顔にするにあたりGRスポーツ特有の「TOYOTA」バッジを装着しているため、ひと目見てAXグレードだと判断できないようになっているのもポイントで、変更した理由は「単純にカッコいいから」だといいます。

 前出の担当者は、カスタムのこだわりについて「新型のクルマをカスタムすることは、勇気がいることではありますが、方向性としては、ギラギラした雰囲気ではなく、ほかでは出せないような無骨でオフロードに似合う、純正から離れたカスタムにしていきたいです」と話します。

 なお、このGR顔の標準仕様は、2022年1月14日から16日まで開催された「東京オートサロン2022」にも出展されました。