2022年1月13日に発売されたトヨタ新型「ヴォクシー」は、トヨタが誇る先進装備が多数設定されています。最上級グレードに、それらのメーカーオプションをすべて装備した仕様は、果たして総額いくらになるのでしょうか。

リモート操作で駐車できる機能も設定

 トヨタはミドルサイズミニバン「ヴォクシー」を8年ぶりにフルモデルチェンジして、2022年1月13日に発売しました。

 トヨタセーフティセンスやトヨタチームメイトなど、トヨタが誇るさまざまな最新の先進装備を採用していますが、それらの多くはメーカーオプション設定としてラインナップされます。

 もし、新型ヴォクシーに設定されるメーカーオプションをすべて選択したら、車両価格は果たしていくらになるのでしょうか。最上級グレードのフルオプション仕様を見ていきます。

 新型ヴォクシーに設定されるグレードは、「S-G」と「S-Z」の2種類で、それぞれガソリンとハイブリッド、2WDと4WD(ハイブリッドはE-Four)が設定されます。

 今回は、上級グレード「S-Z」のハイブリッド・E-Four仕様(車両価格396万円)で、設定されているメーカーオプションすべてを選択した仕様で見ていきます。

 新型ヴォクシーに設定されるオプションのなかでも注目される装備のひとつが、高度運転支援技術「トヨタチームメイト」の「アドバンストパーク(リモート機能付)」です。

 ドライバーの駐車を支援する機能となりますが、ハイブリッド仕様では車外から専用アプリをインストールしたスマホを操作することで、リモート操作で駐車および出庫が可能(トヨタ初)。

 さらにバック駐車に加えて新たに前向き駐車にも対応しています。

 ほかの装備とあわせて装着されるセットオプションとなり、「S-Z」グレードで安心降車アシスト(ドアオープン制御付)や寒冷地仕様なども含めた場合のセット価格は27万3900円です。

 また、「S-Z」グレードにのみ設定される装備のひとつとして「プロジェクター式LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト機能付)」や、セットオプション「快適利便パッケージ(High)」なども存在します。

※ ※ ※

 今回、新型ヴォクシーの「S-Z」グレードで選択したメーカーオプションの総額は、87万6700円です。そして、ディーラーオプションとして定番といえるフロアマットも追加すると、オプションの一覧は次のようになります。

●メーカーオプション〈総額:87万6700円〉

・有償色:ホワイトパールクリスタルシャイン〈3万3000円〉

・スペアタイヤ〈1万4300円〉

・TV(フルセグ)+CD・DVDデッキ〈7万4800円〉

・プロジェクター式LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト機能付)〈6万2700円〉

・ETC2.0ユニット(VICS機能付)〈2万7500円〉

・ブラインドスポットモニター[BSM]+安心降車アシスト(ドアオープン制御付)[SEA]+トヨタチームメイト アドバンストパーク(リモート機能付)+パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)+寒冷地仕様(セットの装備も含む)〈27万3900円〉

・ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus〈8万8000円〉

・ドライビングサポートパッケージ〈9万9000円〉

・快適利便パッケージ(High)〈12万6500円〉

・デジタルキー〈1万6500円〉

・ユニバーサルステップ(助手席側)〈3万3000円〉

・ITS Connect〈2万7500円〉

●ディーラーオプション

・フロアマット(デラックスタイプ)〈5万5000円〉

 以上の装備を選択した新型ヴォクシーの「S-Z」グレード(ハイブリッド・E-Four仕様)の総額は489万1700円となりました。

 結果として500万円近い金額にはなったものの、運転支援装備も多数装備されており、家族の誰もが安心・便利に使えるミニバンになっているといえるでしょう。