三菱が東京オートサロン2022で初公開した「ミニキャブ・ミーブ Bレジャースタイル」は、ソロキャンプやテレワークでの使用を想定したカスタムカーです。どんな装備が採用されたのでしょうか。

テレワークやキャンプで便利なアイテムを装備

 三菱は、東京オートサロン2022(1月14日から16日に開催)でカスタムカー「ミニキャブ・ミーブ Bレジャースタイル」を初公開しました。

 テレワークからレジャーシーンまで、幅広いシチュエーションに対応することを想定したカスタムモデルですが、どのような特徴があるのでしょうか。

「ミニキャブ・ミーブ Bレジャースタイル」は、電気自動車タイプの軽商用車「ミニキャブ・ミーブ」をベースに、平日は移動式オフィスとして、休日はソロキャンプを楽しめる仕様にカスタムされたモデルです。

 カーサイドタープやキャンプ用テーブル、ソファなどのキャンプ用品を装備し、アウトドアスタイルを表現。

 またフルフラットなリアスペースにより優れた居住性が確保されているほか、テレワーク用のテーブルや座椅子、ラグマットなども用意されたことで快適な仕事空間が実現されています。

 さらに駆動用バッテリーの電力を利用できる装置「ミーブ・パワーボックス」を活用。テレワークに必要なパソコンや、電気ケトル、コーヒーメーカーといった電化製品を屋外でも利用可能としました。

 外観は、森林やキャンプ場をイメージさせるモスグリーンのボディ色とアイボリーのルーフ色の2トーンカラーを採用。

 ボディサイドにはEVを象徴する電源プラグ、テントやデスクのデカールをあしらいました。

 専用のホイール、ルーフキャリアも装着されたことで、見た目のゴツさや迫力も増しています。

 電化製品も十分に活用できる仕様としたミニキャブ・ミーブは、テレワークや休日のキャンプにピッタリな存在といえるかもしれません。