トヨタがミニバン新型「ヴォクシー」を発売しました。グレードは2つあり、価格は安いモデルと高いモデルとでおよそ87万円の差があります。何がどのように違うのでしょうか。

グレードは2つだけど色々違う

 トヨタのミニバン新型「ヴォクシー」が2022年1月13日に発売されました。

 新型ヴォクシーのグレードは「S-Z」と「S-G」というシンプルな2種類が設定されていますが、もっとも安いモデルと、反対に高いモデルとでは、標準装備は何が違うのでしょうか。

 新型ヴォクシーのもっとも安いエントリーモデルは「S-G」のガソリン車、7人もしくは8人乗り、2WDで、価格は309万円(消費税込)となります。

 一方のもっとも高いモデルは「S-Z」のハイブリッド車、7人乗り、4WD(E-Four)で価格は396万円。エントリーモデルとの差額は87万円にもなります。

 具体的な違いを外観から見ていきましょう。

 フロントは、S-ZにはLEDの薄暮灯が付きます。また、ハイブリッド車は遮音性の高い合わせガラスが採用されています。

 足元は、いずれも205/60R16タイヤ&16×6Jアルミホイール(ミディアムグレーメタリック塗装)です。

 ボディカラーも、いずれも6種類を設定。「メタルストリームメタリック」「マッシブグレー」「アティチュードブラックマイカ」に加え、3万3000円(税込)の追加ンで「ホワイトパールクリスタルシャイン」「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」「グリッターブラックガラスフレーク」も選べます。

 次は車内です。

 内装と天井の色はいずれもブラック一択。シート表皮は、S-Gが上級ファブリック、S-Zが合成皮革とファブリックです。

 S-Zの運転席と助手席は「快適温熱シート」を設定。さらに2列目は充電用USB端子(Type-C)が2個付きます。

 また、S-Zは、パワーウィンドウのスイッチがメッキ加飾付きであるほか、車内のドアハンドルもシルバー塗装されています。

 メーター・ナビ・音響関連は、S-Gのガソリン車がオプティトロンメーターと4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、4スピーカーを装備。対するS-Zのハイブリッド車は、ハイブリッド専用オプティトロンメーターと7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、6スピーカーを搭載しています。

 ちなみにETC2.0ユニットは全グレードでオプション(消費税込2万7500円)扱いです。

 空調は、S-Gがフロントオートエアコン+リアクーラーなのに対し、S-Zは左右それぞれで温度設定できるフロントオートエアコン+リアオートエアコンが装備されます。

 安全機能では、いずれもプリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼夜]・自動二輪車[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)や、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)などを搭載。

 バックガイドモニターは、S-Gはオプション(1万6500円)ですが、S-Zは標準装備です。ハイブリッド車には車両接近装置も付きます。

 S-Zのハイブリッド車は、非常時給電システム付のアクセサリーコンセント(AC100V、1500W)が2個備わります。

 パワートレインは、S-Gのガソリン車がダイナミックフォースエンジン2.0(M20A-FKS 2.0L)とダイレクトシフトCVT(10速シーケンシャルシフトマチック)を組み合わせています。

 S-Zのハイブリッド車は、リダクション機構付のシリーズパラレルハイブリッド(2ZR-FXE 1.8L)です。

 WLTCモード燃費は、S-G(ガソリン車、2WD)が15.0km/L、S-Z(ハイブリッド車、4WD)が22.0km/Lです。

 主な違いを挙げてきましたが、このようにS-GかS-Zか、ガソリン車かハイブリッド車かで値段も装備も異なります。購入検討時にグレードの違いやオプションなどをしっかり調べて検討したいものです。