トヨタが出願していた意匠登録が2022年5月16日に特許庁により発行されました。この意匠登録には、謎のスーパースポーツカーの画像が添付されていますが、果たしてどのようなモデルなのでしょうか。

意匠登録された謎のスーパースポーツカーとは?

 2022年5月16日、特許庁に対してある意匠登録が発行されました。意匠権者は「トヨタ自動車株式会社」となっており「創作者」として2名の人物の名前が記されています。

「意匠に係る物品」という項目には「乗用自動車」の記載があり、3DCGで描かれた6枚のクルマの画像が添付されています。
 
 どのようなクルマが意匠登録されたのでしょうか。

 意匠とは「デザイン」とほぼ同じ意味をもった言葉です。日本では特許庁に意匠登録することで、意匠権が保護され、模倣などの権利侵害を防ぐことができます。

 自動車メーカーは、自社のクルマや、フロントグリル、ヘッドライトといったクルマの一部のデザインなどをあらかじめ意匠登録しておくことでその独自性を証明します。

 基本的に意匠登録は、その製品が世に出る前にこなわれるため、特許庁が公開している意匠登録データを見ることで、今後発売される新型車に対するヒントを得ることができる場合があります。

 今回意匠登録されたこのクルマの3DCG画像は、それほど精密に描かれたものではありません。

 しかし、一見してわかるロングノーズ・ショートデッキかつワイド&ローのファストバッククーペスタイルから、このクルマはフロントミッドシップにエンジンを搭載したスポーツカー、それもかなり高性能なスーパースポーツカーであることがうかがえます。

 さらに、両サイドのスポイラーと一体化したエグゾーストパイプがあり、車両右後方のピラーには給油口のようなものが描かれていることから、このクルマが内燃機関、おそらくガソリンエンジンを搭載したものであると予想されます。

 ただ、現在販売されているトヨタ、レクサス、GRのモデルで、今回意匠登録されたクルマに近いスタイリングを持つものはありません。

 そのため、完全新型モデルになることが想定されますが、東京オートサロン2022で公開された「GR GT3 コンセプト」がその第一候補といえそうです。

 GR GT3 コンセプトは、欧州などで人気の「GT3」クラスのレースへの参戦を目的として開発されたレーシングカーです。

 現在、多くのメーカーがGT3用のレーシングカーを提供しており、世界でもっとも注目されているカテゴリーといえます。

 GT3クラスに参戦する車両は、あくまで「市販車をベースとしたレーシングカー」である必要があるため、ベースとなる車両は実際に市販されており、なおかつ一定以上の台数が生産されていなければなりません。

 実際にはエンジンの載せ替えなどの大規模な改造がおこなわれるものの、やはり市販車ベースでは限界があるのも事実です。

 そこで一部のメーカーは、「レーシングカーを開発し、それを市販する」という逆転の発想をすることがあります。

 こうして市販されたクルマは「ホモロゲーションモデル」などと呼ばれ、かつてはポルシェ「959」やメルセデス・ベンツ「CLK-GTR」などといったほとんどレーシングカーそのままの市販車が販売されたことがあります。

 最近ではトヨタの「GRヤリス」もホモロゲーションモデルの例とされています。

「ヤリス」の名が与えられているものの、3ドアハッチバック化されており、エンジンも新開発の1.6リッターインタークーラー付きターボとなっているほか、プラットフォームも大きく手が加えられています。

 東京オートサロン2022年で展示されたGR GT3 コンセプトと、今回意匠登録されたこのスーパースポーツカーはボディラインやフロントおよびリアのデザイン、エグゾーストパイプの位置、ホイールのデザインなどがよく似ています。

 一方で、意匠登録されたスーパースポーツカーには、GR GT3 コンセプトにあった大型のリアウィングやフロントとリアのスポイラーなどは見られず、より公道での走行を意識したものとなっています。
 
 このことから、GR GT3 コンセプトの公道仕様、つまりはホモロゲーションモデルである可能性が濃厚です。

 ただ、現時点ではそれ以上の詳細は不明です。GR GT3 コンセプトについても、全長4590mm×全幅2040mm×全高1140mmであることと、ホイールベースが2725mmであることが公表されているのみで、具体的なスペックなどは明らかにされていません。

 しかし、このスーパースポーツカーが市販された場合、これまでのトヨタ、レクサス、GRのモデルとは一線を画すハイパフォーマンスモデルかつ高額モデルになると見られます。

 例えば、ランボルギーニには、GT3仕様のホモロゲーションモデルとして「ウラカン STO」がラインナップされていますが、その最高出力は640馬力にも達し、それでいて乾燥重量は1339kgとコンパクトカー並みです。また、価格はベースモデルよりも1000万以上高額な3750万円となっています。

 もし、GR GT3 コンセプトの公道仕様が実際に発売されるのであれば、ウラカンSTOに匹敵するパフォーマンスとなる可能性は非常に高いといえるでしょう。

※ ※ ※

 意匠登録には「秘密意匠」というものがあり、出願者の希望によって登録から一定期間はデザインの公開をおこなわないことが可能です。

 ほとんどの市販車では秘密意匠登録がされるので、事前にそのデザインを見ることはできませんが、今回のスーパースポーツカーは通常の意匠登録がおこなわれていました。

 その背景には、「ぜひ注目してほしい」というトヨタ側の意気込みもあるのかもしれません。