2022年夏に発売が予定されている日産新型「Z」(日本名:新型フェアレディZ)。発売を前に人気のスポーツゲーム「ロケットリーグ」に参戦することが明らかとなりました。

日産新型「Z」がロケットリーグに参戦!

 米国日産とゲーム開発会社「Psyonix」は、スポーツゲーム「ロケットリーグ」に日産新型「Z」(日本名:新型フェアレディZ)が参戦する「日産Zパフォーマンス」の発売を2022年5月19日に発表しました。

 新型Zは、2021年8月18日に米国・ニューヨークで市販モデルが初公開。

 エスクテリアは、歴代のZへのオマージュを感じさせるデザインとなっている一方で、パワートレインには新開発の3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。

 歴代Zの面影を残しつつ、新たに生まれ変わった部分も持ち合わせる日産のDNAを象徴するモデルへと進化しています。

 発売は2022年の夏頃に予定されていますが、その発売を前に、新型Zを忠実に再現したパフォーマンスカーがロケットリーグに参戦することが明らかになりました。

 ロケットリーグとは、レースゲームとサッカーゲームが融合した新しいスポーツゲームとなり、ゲーム性はサッカーに近いものの、クルマを動かしてボールに体当たりして相手のゴールにボールを入れて点数を競うゲームです。

 またゲーム内では、アメリカで多くの若者から支持を集めるeスポーツチーム「FaZe Clan」と日産がコラボレーションし、「Nissan Z」にFaZeのカスタムステッカーを採用したオリジナルモデルも登場。

 ロケットリーグの公式Youtubeでは、予告編の動画が公開されており、動画ではブルーのボディーカラーをまとった新型Zのパフォーマンスカーが登場するほか、「F」と大きなロゴで書かれた、レッドボディが際立つデザインを身にまとったモデルの姿を見ることができます。

 米国日産副社長兼CMOのアリソン・ウィザースプーンは、以下のようにコメントしています。

「ロケットリーグの熱狂的なファンに、新型「Z」でスリルを味わっていただけることを楽しみにしています。

 またFaZe Clanとのコラボレーションは、拡大し続けるeスポーツの世界で存在感を示すための新しい本物の方法を模索し続ける、素晴らしい瞬間でもあります」

※ ※ ※

 なお今回のゲームは2022年5月26日から6月7日までニンテンドースイッチやプレイステーション4などすべてのプラットフォームで利用可能となっています。