日産は新型軽EV「サクラ」を発表しました。日産の新たな軽自動車かつ電気自動車(EV)となりますが、SNSではどのような反響があるのでしょうか。

今年の夏発売予定!日産新型軽EV「サクラ」 SNSでの反響は?

 2022年5月20日、日産は新型軽EV「サクラ」を発表しました。
 
 発表前のSNSでは「ついに新型日産軽EVが出るのか!」というような声が聞かれました。
 
 実際の発表後には、どのような反響があったのでしょうか。

 新型サクラは、日産と三菱、両社の合弁会社「NMKV」により、企画・開発・生産がおこなわれ、三菱から三菱「eKクロスEV」が発表されました。

 日産としては、日産「リーフ」、「アリア」に続く量販自動車モデルとなるEVです。

 車名の由来は「日本のEVの時代を彩り、代表するクルマとなってほしい」という強い思いから、日本を象徴する花の「サクラ」から名付けられたといいます。

 車名に対してSNSでは「日産サクラめっちゃ気になる」、「サクラって名前いいな」という声が見られます。

 デザインに関しては「デザインがスタイリッシュ!」、「デザインは思ってたより良い」、「日産サクラ、デザインも内装もだいぶ洗練されてる」というように、内外装に好印象を抱いている様子がうかがえます。

 パワーユニット関連では「最大トルク195Nmだと軽のなかで異次元!」「日産サクラのトルク195Nmとかまじかよ」「ちょっとしたコンパクトカー以上のトルクがあるのな」という声が見られました。

 そんななかでも、とくに声が多く挙げられていたのが「航続距離」についてです。

「航続距離180km(WLTCモード)が実走行でどこまで伸びるのかな」、「航続距離180kmか〜…」と、航続距離に納得がいっていない人。

 その一方で、「航続距離180kmなら街乗り十分でしょ」、「ちょっとした買い物、通勤、送り迎えくらいの用途なら必ずしも長くなくていい」と、肯定的な反応を見せるユーザーもいるようです。

 日産によれば、軽自動車ユーザーの走行距離は1日あたり30kmほどが多くを占めているといいます。

 そのため、週末に充電して平日はそのまま使い、また週末に充電するというライフサイクルを想定した場合、180kmという航続距離は軽自動車ユーザーの使い方にちょうど良いようです。

 また、価格に関してもユーザーが気になっているポイントです。

 新型サクラは「S」、「X」、「Z」の3つのグレードが展開されており、それぞれ価格は「233万3100円」、「239万9100円」、「294万300円」となっています。

 さらに、クリーンエネルギー自動車導入促進補助金を活用した場合、実質価格は約178万円(消費税込み)からと、通常の軽自動車を購入するのとほぼ変わらない価格で購入することが可能です。

 また、都道府県や市区町村でも独自の補助金を設定していることもあり、150万円前後で購入することも出来そうです。
 
 その価格についてSNSでは、「普通の軽自動車とあんま変わらない」、「補助金入れれば200万切るのはアドバンテージになると思う」と、EVにしてはお手頃な価格に魅力を感じている様子が多く見られます。

※ ※ ※

 新型サクラの発売は2022年夏を予定しており、店舗での商談だけでなく、ビデオチャットを通じたオンライン商談や、自宅からでも契約可能なオンライン注文など、さまざまな販売方法が展開されるようです。