2022年5月26日、6代目となる新型ステップワゴンがホンダから正式発表されました。新型ではどのような新装備が採用されたのか解説します。

オットマンやロングスライド機構を追加したセカンドシートを新採用

 ホンダは2022年5月26日、ミディアムクラスの3列シートミニバン「ステップワゴン」をフルモデルチェンジしました。
 
 1996年5月にデビューした初代モデルから丸26年が経過し、新型で6代目という長い歴史を持つモデルです。
 
 新型ステップワゴンでは、どのような新装備が搭載されたのでしょうか。

 新型ステップワゴンは、シンプルな外観デザインと広い室内を組み合わせ、乗員が安心して移動を楽しめる空間と走りを目指し開発されました。

 ユーザーのライフスタイルや暮らしのイメージにあわせ選択できるよう「ステップワゴン AIR(エアー)」と「ステップワゴン SPADA(スパーダ)」の2タイプが用意されます。

 1.5リッターガソリンターボエンジン車と、2リッター2モーター式ハイブリッド「e:HEV(イーエイチイーブイ)」車を設定しています。

 新たな装備や機能を中心に、新型ステップワゴンの特徴について、順に紹介していきましょう。

 まずシートレイアウトですが、2列目席(セカンドシート)は左右独立型のキャプテンシート仕様を標準とし、3人掛けのベンチシートがオプションで選択できます。

 キャプテンシートにはシートベルトを内蔵し、ホンダ初となる「ワンアクションレバー」の操作による左右スライド機能や、無段階調整式のアームレストを備えます。

 シートを内側に寄せることで最大865mmの前後ロングスライド量を実現させたほか、SPADA系のキャプテンシートには「オットマン」も初装備され、快適度が大幅に上がりました。

3列目席(サードシート)は、先代ステップワゴン同様に床下収納式です。

 先代に対し着座位置を上げ、前方のシートやヘッドレストの形状を工夫することで視界を改善させたほか、シートクッションの厚みも増し、座り心地を向上させています。

 なおAIRとSPADAのシート地には、飲みものや油ものなどをうっかりこぼしてもサッとふき取りやすい、撥水・撥油性の高い「FABTECT(ファブテクト)」素材のファブリックを採用します。

 さらにSPADAの上級仕様として、スエード調表皮プライムスムースのコンビシートを採用し、外装にもプラチナ調クロームメッキ加飾や専用17インチアルミホイールなどの専用装備を加えた「SPADA PREMIUM LINE(プレミアムライン)」も設定されます。

※ ※ ※

 後席の両側パワースライドドアは、従来のハンドル操作に加え、「静電タッチセンサー式」を世界初採用。軽く指先を触れるだけで開閉ができるようになりました。

 また歴代ステップワゴンで初の採用となる「パワーテールゲート」がSPADA系に標準装備されます。

 開く角度を任意に設定可能なメモリー機能を追加することで、狭いところでの使い勝手を向上させています。

 ただしAIRにはパワーテールゲートの設定はありません。

微小粒子物質も検知! 高精細な空調システムを標準装備

 続いて、新型ステップワゴンの装備面の進化についてもみていきましょう。

 メーターパネルには、10.2インチの全面デジタルグラフィックメーターを採用しています。オーディオなどのインフォテイメント系の情報と、ナビや運転支援情報を左右のメーター内に表示します。

 大径の2眼表示とシンプルなバー表示の切り替えが可能です。

 車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を採用し、新世代コネクテッド技術を搭載。

 クルマのエアコンなどのリモート操作やデジタルキー、車内Wi-Fi、自動地図更新サービス、さらにオペレーター対応による緊急サポートセンターなどの各種コネクテッドサービスなどが利用可能です。

 空調システムには「Clean Air(クリーンエアー)」を全タイプで標準装備します。

 大気中のPM2.5などの微小粒子物質を検知し、空調制御とフィルターの組み合わせで空気を浄化する仕組みで、車内の清浄度はナビ画面やエアコンパネルに表示されます。

 このほか車内の快適装備としては、運転席・助手席の背もたれに「コンビニフック付シートバックテーブル」を装備。SPADAには運転席・助手席シートヒーターを、さらにSPADA PREMIUM LINEには2列目シートヒーターを標準装備します。

 またSPADA系には、3列すべてにType-CのUSBチャージャーを装備しています。

※ ※ ※

 安全面では、最新の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備します。

 渋滞追従機能を追加した「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」や後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、そして渋滞運転支援機能「トラフィック ジャム アシスト」などを追加し、先代モデルから機能を進化・充実させました。

 快適・先進装備を豊富に新採用した新型ステップワゴンの消費税込み価格は「ステップワゴン AIR」(ガソリン・2WD)299万8600円から「SPADA PREMIUM LINE」(e:HEV・2WD)384万6700円までとなっています。