新型コロナウイルス感染は感染者が徐々に減少して行動制限も解除されていますが、未だにクルマの中でのマスク着用は必要なのでしょうか。SNSではさまざまな声が寄せられています。

車内でのマスク着用意味ある? SNSで大きく分かれる賛否の声!

 2020年から拡大が続いていた新型コロナウイルスですが、2021年から徐々にワクチン接種が進み、2022年5月時点では緊急事態宣言などの行動制限も解除されています。

 しかし、マスクに関しては未だ着用が推奨されており、街中やクルマの中でもマスクを着用する人が多く見られます。

 その一方で昨今では「脱マスク」を訴える声もあり、マスク着用に関してさまざまな意見が見られます。

そんななか、政府は新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針を5月23日に改定。どういった内容なのでしょうか。

 政府が発表した方針のなかには、マスク着用に関して条件に該当する場合にマスクを外すことが認められる例が提示されています。
 該当する条件は次の通りです。

・屋内において他者と身体的距離がとれて会話をほとんど行わない場合
・屋外において他者と身体的距離が確保できる場合
・屋外で他者と距離がとれない場合であっても会話をほとんど行わない場合
・夏場は熱中症要望の観点からマスクを外すことを推奨

 状況が限られるものの、屋外で他者と一定の距離が保てている場合や、距離が近くても会話をおこなわない場合には外しても良いという考え方が明記されています。

 では、車内の場合ではどうなのでしょうか。

 新型コロナウイルスの感染は、くしゃみや咳などの飛沫による「飛沫感染」と、くしゃみや咳を押さえた手で周りのもの触れることでウイルス付着し、それを第三者が触れることで感染する「接触感染」があるとしています。

 このため、閉鎖した空間や近距離で人と会話をする環境では感染を拡大させるリスクがあると言われており、車内でのマスク着用が推奨されてきました。

 今回の政府の出した方針では、「屋内において、他者と身体的距離(2m以上を目安)がとれない場合、他者と距離がとれるが会話を行う場合、マスク着用を推奨する」と明記されており、身体的距離がとれない車内では未だマスク着用が推奨されていると読み取れます。

 しかしユーザーからは、「家族だけなのにクルマの中でもマスクするのか…」「クルマのなかでもマスクってきつい」など、さまざまな意見が見られます。

 また「1人しかいないのに車内でマスクしている人いる」「1人なのにマスクって意味ある?」など車内に運転者のみの場合でもマスクを着用している人もいるようです。

 マスクの着用に関しては、「周りがつけているから」「マスクしろって言われるし」など周囲の目を気にして着用しているという声も多く見られました。

※ ※ ※

 ユーザーによっても「怖くてマスクを外せない」とマスクが手放せないという声のほか、「ノーマスクで良い」との声もあり大きく意見が分かれています。

 今後どのような動きへと変化していくのか注視されます。