日本仕様の詳細が明らかにされた今秋発売予定の新型SUV、マツダ「CX-60」には、純正のベッドクッションが用意されています。車中泊も可能なアクセサリーの詳細をご紹介しましょう。

後席を倒した際の荷室長は170cm以上! 大柄な人でも少し斜めに寝れば車中泊もOK!?

 マツダは2022年6月22日、今秋発売予定の新型SUV「CX-60」日本仕様の価格や詳細スペックなどを公開しました。専用の純正アクセサリーも公開されましたが、そこに「車中泊」向けなパーツを発見!

 新型CX-60は、車内での就寝も楽しめそうです!

 新型CX-60の純正アクセサリーカタログには、内外装をカスタマイズするさまざまなパーツが揃っています。

 そのなかでも、ユーティリティパーツとして用意された就寝用マット「ベッドクッション」は、車中泊派注目のアイテムです。

 4:2:4分割可倒式の後席シートを片側だけ倒した状態で使うならベッドクッションは1枚、両側倒した状態で使うならベッドクッションが2枚必要となります。

 新型CX-60では、5つ折りのベッドクッションを使用しますが、実際の商品は6つ折り構成となっています。

 1折り分だけが取り外せるフレキシブルさを併せ持つ、汎用性の高い構造となっているのが特徴です。

 余った1折り分のクッションは枕代わりに使用したり、すき間を埋めるために活用しましょう。

 5つ折りで使用する場合のベッドクッションサイズは、縦が約155cm、横が51cm(1枚)です。2枚を並べれば、155cm×102cmとなります。

 6つ折りでフル連結すれば、縦186cm×横51cmとなります。

 ちなみに新型CX-60の荷室長は、定員乗車時975mmに対し、後席前倒し時(荷室後端からフロントシート背もたれまでの長さ)で1710mmあります。6つ折りだと収まりきらないので、5つ折りでの利用が推奨されます。

 また、より荷室長の長いクルマなら、6つ折りベッドクッションをフルに使用できるという訳です

 新型CX-60の荷室は、倒した後席シートの背もたれ部分が少し起き上がっていて、荷室床面は完全にフラットにはなりませんが、頭を前方に向けて寝る分には大きな問題とはならないでしょう。

 荷室幅は1275mm(荷室左側のくぼみ含めた場合/含まない場合の荷室幅は1130mm)で、荷室高は最大975mmとなります。

 もし身長180cm以上の大柄な人が車中泊する場合でも、マットを2枚セットして斜めで寝れば、1名なら就寝できるでしょう。

 ミニバンや1BOXバンのように余裕たっぷりという訳にはいきませんが、新型CX-60でも十分に車中泊ができることがわかります。

 純正ベッドクッションの消費税込価格は、1枚(片側)で4万700円。2枚(両側)で8万1400円となっています。

 なおベッドクッション収納時のサイズは、1枚あたり幅310mm×長さ510mm×高さ254mm。ちょっとした段ボール箱くらいのサイズ感ですが、広い荷室を持つ新型CX-60なら影響も最小限で済みそうです。

※ ※ ※

 車中泊には、車内のプライバシー確保や安眠のための遮光対策が必要不可欠となります。

 新型CX-60純正アクセサリーカタログには、フロントウィンドウに装着する「サンシェード」(1万780円)が用意されています。CX-60のロゴが入った専用設計です。

 ただし2022年6月下旬現在、サイドやリアのウィンドウを覆ってくれる「プライバシーシェード」の設定はまだありません。

 ちなみに同じマツダのラージクラスSUV「CX-8」用純正アクセサリーカタログには「ウィンドウシェード(サイド・リア)」(4万4000円)の設定があります。

 フロント以外の左右と後ろの窓を覆うもので、未使用時にはコンパクトに収納できます。

 前後ドアウィンドウ部は網戸付仕様になっていて、夏場などの車内換気・通風も可能となっている優れものです。

 今後、CX-60が発売される今秋までに、純正プライバシーシェードの追加設定を期待したいところです。