スピードを出しすぎてオービス(速度違反自動取締装置)に撮影されると、どうなるのでしょうか。当事者から直接聞いた話を元に、「待ち受ける事態」と「代償」を解説します。

写真の予想以上の鮮明さに言い逃れはできない

 スピード違反の車両を撮影するオービス(正式には速度違反自動取締装置)に撮影された経験のある人は、少ないと思います。ネズミ捕りや追尾方式を含めたスピード違反での取締りを受けた人のうちのたった3%が固定式オービスによるものです。

 とはいえ、それでも全国には400機以上の固定式オービスがあり、24時間365日スピード違反のクルマを自動で監視しているため、もしかすると友達の友達くらいにはオービスを光らせた人がいるかもしれません。

 筆者(オービスガイド 大須賀克巳)も幸いというか、今のところ光らせたことはありません。しかしオービスガイドという情報サイトを運営しているため、オービスを光らせてしまった人からお電話やメールを頻繁にいただきます。本来、窓口は、サイトの掲載内容やアプリのサポート用なのですが、皆さんの藁にもすがる思いがひしひしと伝わってくるのもあり、私も時間が許す限り、お話を聞かせていただいています。

 また、サービスの立ち上げ時に、勉強のため数名のオービスを光らせた人にインタビューをしたこともあります。このように実際オービスに撮影された人から直接伺った内容を元に、「固定式オービスに撮影されたらどうなるのか」について、代表的な例をまとめてみました。地域や状況により下記の通りではありませんので予めご了承ください。

【1】オービスを光らせた直後

 スピードを出しすぎてオービスを光らせると、多くのドライバーが条件反射的にブレーキを踏みます。そして追越車線を走っていた場合は左車線へ移動します。もちろん光った後でブレーキを踏んでも、車線変更をしても、撮影されたことに対しては何の効果もありません。そして「本当に撮影されたのか?」「テスト撮影では?」「罰金はいくら?」「免停になる?」など様々なことを考えながら目的地へ向かいます。

 大きな不安や後悔の念に襲われ、自宅や目的地についても日常のことがあまり手に付かず、インターネットでオービス関連の情報を調べまくるようです。そして当サイトの窓口にたどり着く人がいます。

 初めてオービスを光らせてしまった人は、このような不安な精神状態で数日から数か月間を過ごします。警察からの呼出状は、早いと1週間以内に届く場合もありますが、通常2〜3週間が多いようです。昔は3か月以上たってから届いた例もありますが、最近は1か月以内に9割以上が届き、2か月以上経過すれば届かない可能性が高いです。

【2】呼出状が届く

 呼出状は郵便ポストにハガキか封筒で届きます。呼出状が届くと違反者は残念と思うのと同時にどっち付かずの状況が解消され、少しすっきりするそうです。通常は「呼出状」と書かれていますが、地域によっては「連絡票」や「出頭通知書」などいろいろなタイトルになっています。

 内容は、「お尋ねしたいことがありますので……」という書き出しで、違反日時、違反場所、出頭日時、出頭場所、注意事項などが記載されています。出頭日は○月○日(平日)と指定されるため、仕事のある人は休暇や遅刻・早退でスケジュールを調整することになります。もし、旅行先などの遠方で光らせた場合は、地元での処理へ変更する相談もできます。

【3】出頭する

 出頭場所は交通機動隊などの警察関連施設となりますが、なぜか「初めて就職の面接に行く気持ちに近い感じ」と表現される人が多いようです。

 指定場所に着くと自分以外の違反者も数人いて「あぁ、皆光らせちゃったんだ」とか「この人たちと自分は同じなのか」など様々な感情を抱くようです。

 受付を済ませ自分の番まで待合室で待ちます。順番が来ると取調室に入ります。実際にそうなのか、気持ちのせいなのかは分かりませんが、どんよりとした部屋の事務机に警察官と対面でパイプ椅子に座り、書類を見ながら違反した時の状況などを確認していきます。

 そして、オービス写真を見せられます。皆さんは予想以上の鮮明さに言い逃れはできないと思うようです。その後は、調書や赤キップにサインしてその日は完了です。ちなみにオービス写真は、撮影も持ち帰りも禁止です。

裁判で判決…その後、選ぶ人が多い「救済措置」も

【4】出廷通知が届く

 後日、裁判所から出廷通知が郵送されてきます。この頃になってくると淡々とミッションをこなしていく感じになるそうです。

【5】裁判所に出廷

 裁判所に出廷するといくつか質問され、それに答えて最終的な判決が下ります。

○速度超過が50km/h未満は、違反点数6点以下、10万円以下の罰金
○速度超過が50km/h以上は、違反点数12点、10万円以下の罰金

 罰金の金額は、概ね速度超過したスピードによりほぼ決まるため、「家族が急病で……」などの理由はあまり考慮してもらえないようです。

 なお、運転免許の停止期間は超過速度や前歴によって異なりますが、通常30日から90日で最長180日です。また、悪質な速度超過の場合は、罰金刑ではなく逮捕され懲役刑になる場合があります。地域によっては裁判所ではなく検察庁へ呼ばれる場合もあるようです。

【6】停止処分者講習

 多額の罰金を支払い、免停で長期間クルマに乗れなく落ち込んでいるところに、少し光が差し込みます。

 免停期間を大幅に短縮できる講習を任意で受けることができるのです。ここでもお金が必要ですが、ほとんどの人はこの救済措置を受ける選択をします。例えば30日間の免停処分を受けた人でも29日の短縮日数を獲得できれば、たった1日で免許が復活します。

 しかし、ただ講習に参加すれば自動的に免停期間が短くなるわけではありません。講習後の試験結果や受講態度の評価に応じて短縮日数が決まるため、まじめに受講して結果を出す必要があります。

 講習の内容は、教室での講義、運転シミュレーターや実車での指導、適正検査などですが、実車の運転では、何十年も運転してきたドライバーでもかなり緊張するようです。下記は免停講習の区分けです。

○短期講習:免停期間が30日間の人は、6時間(1日)の講習と受講料は概ね1万4000円以内
○中期講習:免停期間が60日間の人は、10時間(2日)の講習と受講料は概ね2万3000円以内
○長期講習:免停期間が90日間以上の人は、12時間(2日)の講習と受講料は概ね2万8000円以内

【7】免許復活

 免許センターなどで免許証を返却してもらい終了ですが、オービスを光らせた代償はあまりに大きいと皆さんは言います。

 時間もお金も必要ですし、勤め先がある人は有給休暇を取り、同僚に負担をかけ、家族や友人からはバカにされ、免許証は点数が増え、運転できない期間があり、非日常的なミッションをこなし、精神的にもかなり疲れるようです。

 運転を生業とする職業の人はさらにダメージも大きいと思われます。

 固定式のオービスであれば、高速道路では40km/h以上、一般道では30km/h以上速度超過しないと光らないといわれています。「固定式のオービスなんて場所が分かっているし手前に看板があるから大丈夫だよ」という人も、最近では半固定式オービスなるものも徐々に増えつつあるので要注意です。また、小型でどこにでも設置できる移動式オービスは青キップレベルの違反でも遠慮なく光ります。

 とにかくクルマを運転する時は、時間と心に余裕を持って安全運転をするのが大切です。