スバル「インプレッサ 22B」を現代によみがえらせたという「P25」は、イギリスで開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にてその姿が初披露されました。

限定25台のスバル車は7600万円! どんな特徴を持つ?

 イギリスで開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」では、プロドライブの「P25」がはじめて一般公開され、現地でそのはしりを披露しました。
 
 スバル「インプレッサ 22B」を現代によみがえらせたというP25は、限定25台がすでに完売しているようです。

 イギリスの首都ロンドンから南西に約80kmに位置するグッドウッド。

 イギリスらしい風景が広がるこの街の郊外にあるリッチモンド公爵家の敷地では、1993年より歴史的な自動車の祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」が開催されています。

 ヒストリック・レーシングカーを中心に多種多様なクルマが登場するこの祭典ですが、イベントのハイライトであるヒルクライムセッションでは、希少な新型車も多く見ることができます。

 プロドライブの「P25」というモデルは、2022年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで見ることのできた希少なモデルのひとつです。

 多くの人にとって耳慣れないプロドライブですが、スバルファンにとっては特別な響きを持つかもしれません。

 というのも、スバルが世界ラリー選手権(WRC)で圧倒的な強さを誇り初の世界チャンピオンを獲得した1995年、「インプレッサ」のラリーカーの開発を手掛けていたのがこのプロドライブです。

 モータースポーツ界で高い評価を得るプロドライブが制作したP25は、1995年の歴史的快挙を遂げてから25周年が経過したことを記念して企画されました。

 ベースとなるのは、当時のWRカーを公道走行可能なものとして再現したインプレッサ 22Bです。

 専用開発の2.2リッター水平対向4気筒ターボエンジンを搭載したインプレッサ 22Bは1998年に424台が限定生産され、現在でも高い人気を誇る1台です。

 P25は、この希少なインプレッサ 22Bをベースに、現代の技術を多く採り入れたいわゆる「レストモッド」のクルマです。

 P25に搭載されるエンジンは、現行の「BRZ」に使用されているものをベースとした2.4リッター水平対向4気筒エンジンへと換装。

 ピストンやコンロッドは特注のものが使用され、またギャレット製ターボチャージャーが組み合わされた結果、最高出力は405ps、最大トルクは61kg・mへと強化されています。

 トランスミッションには6速のセミオートマティックが採用され、ステアリングに備わったパドルシフトによりわずか80ミリ秒(0.08秒)という超高速でのシフトチェンジを可能にしています。

 足回りにはビルシュタイン製の可変ダンパーとAPレーシング製の380mmベンチレーテドディスク&6ピストンキャリパーブレーキが光ります。

 ホイールはプロドライブ製の19インチホイールにブリヂストンの「ポテンザ(235/35 R19)」が組み合わされます。

 また、エクステリアは当時の面影を強く残していますが、ボンネットやルーフ、トランクリッド、そしてアイコンとなっている大型のリアウイングなど多くのパーツがカーボンファイバー製のものへと置き換わった結果、1200kgを下回るほどの軽量化に成功しています。

 インテリアは、レザーやアルカンターラ、カーボンファイバーなどを組み合わせ、当時のインプレッサの雰囲気が再現。

 ただし、ダッシュボードにはデータロガー付きの高精細ワイドディスプレイが設置されるなど、現代的な機能性も兼ね備えています。

 グッドウッドに設けられた特設コースでは、P22が心地良いサウンドを奏でながらデモランをおこない、多くのクルマ好きを魅了していました。
 
※ ※ ※

 オリジナルのインプレッサ 22Bは、2021年に行われた海外のオークションで、4000万円を超える価格で落札されています。

 そうしたなかで、P25の車両価格は46万ポンド(約7600万円)と、一般の人々にはとても手の届かないほど高価なものですが、プロドライブによると、25台限定のP25はすべて完売しているとのこと。

 このモデルのヒストリーとパフォーマンスを考えると、富裕層の「スバリスト」たちからすれば、お買い得な1台なのかもしれません。