日産の海外高級ブランドであるインフィニティが、クロスオーバー「QX55」の2023年モデルを発表しました。

3グレードを設定

 北米を中心に展開する日産の高級ブランド、インフィニティは2022年6月28日、クロスオーバー「QX55」の2023年モデルを発表しました。

 先進運転支援システム「プロパイロット・アシスト」を全グレードに搭載。さらに2023年モデルは、自動格納式ヒーテッド・アウトサイドミラー、4ウェイ・ドライバー・パワーランバー調整機能、LEDウェルカムライト内蔵リアドアハンドル、後席Type-C USB充電用ポートなどの快適・便利機能を新たに標準装備しています。

 2023年モデルは「LUXE」「ESSENTIAL」「SENSORY」の3グレードを設定。

 QX55の外観は、ルーフが前方のルーフピラーから緩やかに弧を描き、シグネチャーのダブルアーチグリルがテールまで完全に一体化したラインになっています。

 フロントは、折り紙の折り目を模した幾何学的なインナーメッシュグリルが印象的です。

 リアはミニマルなデザインで、インフィニティのロゴとパワーリフトゲートバッジが一体化されたデザインとなっています。

 内装は、低めのダッシュボードによるドライバーを中心としたデザインです。標準装備の電動スライド式ムーンルーフは、室内に自然光を取り込みます。

 運転席と助手席は、背中や腰への負担を最小限に抑えて快適性を高める「ゼログラビティ」シートを採用しています。

 ボディカラーは3色で、なかでも「モナコレッド/グラファイト」はSENSORYの専用色です。

 パワートレインは、最高出力268hp、最大トルク280lb・ftを発揮するVCターボ2リッター4気筒エンジンと、無段変速機が組み合わされます。

 QX55の2023年モデル(北米仕様)は、2022年夏以降、米国とカナダの販売店に導入され、ほかの市場でも順次発売予定。現地での価格は4万9150ドル(約660万円)からです。