ホンダ「シビック」にハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載した新モデルが追加され、2022年7月1日に発売されます。新型シビック e:HEVにはどのような特徴があるのでしょうか。

「スポーツ e:HEV」で走りと環境性能を両立

 ホンダは、新型「シビック e:HEV」を2022年7月1日に発売します。

 開発のコンセプトは「爽快スポーツ e:HEV」とし、2021年にフルモデルチェンジしたシビック(11代目)が持つ基本性能の良さはそのままに、進化したスポーツ e:HEVによる爽快な走りを新たな提供価値として目指しました。

 新型シビック e:HEVは、新開発の2リッター直噴エンジンと進化したハイブリッドユニットを組み合わせたスポーツ e:HEVを搭載。

 シビックで好評を得ているデザインやパッケージはそのままに、スポーツ e:HEVならではの爽快な走りと環境性能の両立を実現しています。

 また、さまざまなシーンに応じて選択できるドライブモードに、パワートレインやステアリング、メーターを個別に設定できる「INDIVIDUAL(インディビジュアル)モード」を国内のホンダ車として初めて採用。ドライバーの好みに合ったドライブモードをセッティングすることが可能です。

 新型シビック e:HEVは、重量物であるIPU(インテリジェントパワーユニット)をリアシート下に配置したことで、広い居住空間と荷室容量を確保したほか、車体の低重心化とボディの高剛性化も両立しました。

 さらに、ダンパーの専用設定やバネ下重量比率の低減により、一体感のあるハンドリングや、挙動にぶれのない安定感のある走りが楽しめるといいます。

 外観デザインは、フロントアッパーグリルとドアガラスまわりのサッシュのグロスブラック化に加えて、ドアミラーもブラックにすることで、上質で爽快な走りを表現。

 ボディカラーは、「プラチナホワイト・パール」「クリスタルブラック・パール」「ソニックグレー・パール」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」の5色が用意されます。

 内装は、シビックと同じく水平基調でシンプルかつ上質なインテリアを採用しつつ、e:HEV 専用の10.2インチデジタルグラフィックメーターを搭載。

 加減速を表示するパワーメーターは指針や百分率の目盛りを設けることで、タコメーターのようなわかりやすいメーターとしました。

 また、チャージ(減速)はバーで表示され、減速セレクター使用時はバーの色を変更するとともに減速セレクターのポジションを表示し、選択中の減速度を把握しやすくしています。

 安全面では、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備。広い範囲と高い精度で対象物を検知するフロントワイドビューカメラや、ガラスや外壁など非金属も高い精度で検知する前後ソナーセンサーを採用しました。

 新型シビック e:HEVの価格(消費税込)は394万200円。販売計画台数(月間)は300台が予定されています。

※ ※ ※

 シビックシリーズは1972年の発売以来、世界で累計約2700万台を販売しているグローバルモデルです。2022年に50周年を迎えました。