HKSは、トヨタ「GRヤリス」に適合するブローオフバルブ「スーパーSQV IV」を発売します。ターボ車の圧力制御をより安定させるのはもちろん、迫力のブローオフサウンドを奏でます。

保安基準に適合させるサクションリターンホースも付属

 自動車用アフターパーツメーカーのHKS(エッチ・ケー・エス)は、同社のシーケンシャルブローオフバルブ「スーパーSQV IV」にトヨタ「GRヤリス」用を追加、発売しました。

「ブローオフバルブ」とは、ターボ付きエンジンに必須の圧力開放バルブのことです。「スーパーSQV IV」はHKS独自のシーケンシャル・バルブ構造により、低過給域から高過給域まで幅広い作動領域の圧力制御を実現しています。

 その「ブローオフ(圧力開放)」時の音についてHKSは、上述のシーケンシャル・バルブ構造と、ファンネル中央にセットされたトリプルフィンにより「唯一無二のブローオフサウンドで圧倒的な存在感を放ちます」(リリースより)としています。

 また、インタークーラーアウト側のパイプを樹脂製の純正パイプからHKSのロゴが入ったアルミ製鋳物パイプに変更し、経年劣化による膨張や破損を防止するほか、付属のサクションリターンホースを装着することで保安基準にも適合、純正エアバイパスバルブはキャンセルせずに併用する、というキット構成になっています。

 価格は7万4800円(税抜)です。