ベントレーが、いまからおよそ90年前に生産されたスポーツカーを復刻します。限定12台が生産され、1台150万ポンド(約2億4700万円)という値段ですが、すでに完売済みです。

名車「スピードシックス」を約2億5000万円で復刻

 ベントレーは戦前に活躍した名車「スピードシックス」を復刻します。価格は1台で150万ポンド(約2億4700万円)となっています。

 スピードシックスは1928年に生産を開始した、ベントレーのスポーツカー。1930年までに182台生産されたほか、レーシングモデルが1929年と1930年のル・マンを制覇するなど、輝かしい実績を残しています。

 今回の復刻モデルの生産は、2019年に復刻したベントレー「ブロワー」に続くコンティニュエーションシリーズの第2弾となります。

 スピードシックスの詳細は、2022年6月23日から行われていたイギリスのカーイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で発表されました。

 再現したモデルは、1929年と1930年にル・マンを制したスピードシックスだそうです。

 生産に際しては、1930年のル・マンで実際に参戦したレーシングモデルと、1929年製のロードカーモデルの2台が参考にされています。

 最初の車両は2022年後半に組み立てが完了し、試験開発車両として使用されます。12台限定が販売されますが、すべて完売しているそうです。

※ ※ ※

 スピードシックスはSUツインキャブレターと高性能カムシャフトを採用した直列6気筒エンジンを搭載。レーシングカーモデルは最高出力200HP(仏馬力で約202馬力)を発揮し、最高速度は時速約200キロにも達します。