DAMDはスバル「WRX STI(VA)」用エアロパーツ「DAMD WRX STI ELECTRICO」を発売しました。スーパー耐久レース「ST-2 クラス」に参戦するレーシングカーに装備されるものと同じものとのことです。

スーパー耐久7連覇のスバル「WRX STI」と同じ仕様になれるエアロキット

 2022年7月1日、自動車用カスタマイズパーツを展開するDAMD(ダムド)は、スバル「WRX STI」の初代(VA系、2014年から2021年まで販売)モデル用エアロパーツ「DAMD WRX STI ELECTRICO(エレクトリコ)」を発売しました。

 DAMD WRX STI ELECTRICOは、すでに発売されている「DAMD WRX STI Styling Effect」と「DAMD LEVORG ELECTRICO」のエアロパーツを組み合わせたパッケージ商品。これを装着することにより、スーパー耐久レース「ST-2 クラス」に参戦、7連覇を達成した「TOWA INTEC RACING TEAM」のレーシングカー「#59 DAMD MOTUL ED WRX STI」と同じ仕様になります。

 なおDAMD WRX STI ELECTRICOの発売にともない、DAMDはこれを装着した新たなデモカーを製作。デモカーには、アートファクトリー社によるフルラッピングが施され、ホイールには空力解析を元に製作された「OZ Racing Superturismo AERO」、タイヤにはサーキットで鍛え抜かれたリアルスポーツタイヤ「BRIDGESTONE POTENZA RE-71RS」、車高調にはオートクチュール型車高調の「SPIRIT RACING SHOCKS」、テールランプには気品さとスポーティーさをまとった「CORAZON LED TAIL LAMP」が装備されています。

 DAMD WRX STI ELECTRICOは、DAMD公式ホームページなどで購入できます。