2022年6月、米国ニューヨーク市はダートバイクとATVを次々にブルドーザーで破壊する動画を公開しました。この破壊行為はなぜおこなわれたのでしょうか。

ニューヨークではダートバイクとATVが違法?

 米国ニューヨーク市は公式ウェブサイトと公式YoutubeでダートバイクとATVを次々とブルドーザーで破壊する様子を2022年6月に公開しました。

 破壊されたダートバイクとATVはニューヨーク市警察によって押収された車両です。

 ニューヨーク州では、ダートバイクとATVは車両として登録することができず、同州内での公道走行をすることができません。

 同州は未登録のダートバイクが市内で保管されている場所を知っている人に向け、犯罪防止ホットラインを通じて情報を提供するよう呼びかけています。

 今回ニューヨーク市警察は、前年比88%増加となる900台を押収、破壊しました。

 これについてニューヨーク市長のアダムス氏は次のようにコメントしています。

「ニューヨーク市警は、私たちの街にある、うるさく威圧的で危険な違法ダートバイクやATVを駆逐するために、至難の業をやってのけました。

 ダートバイクの回収に参加し、支援してくれたすべての人に感謝します。これらのバイクが私たちの街に戻るのを防ぎ、再び運転できないようにするために、バイクは転売や寄付ではなく破壊されます。

 そして一台一台が鉄くずとなり、最終的にリサイクルされるのです」

ニューヨーク市は2021年にも同様の取り組みをしており、継続的な取締をしています。