トヨタが2022年7月15日に16代目新型「クラウン」を世界初公開します。4年ぶり全面刷新でどのような姿で登場するのか、いまから注目されます。

FR用TNGAを採用した15代目クラウン

 トヨタが、2022年7月15日に新型「クラウン」を世界初公開します。約4年ぶりのフルモデルチェンジで16代目となるクラウンですが、新型モデルはどのような姿で登場するのか、いまから期待が高まります。

 現行モデルの15代目クラウンは、後輪駆動用のTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)や、歴代クラウンで初となる6ライトウィンドウ(前後ドアの窓に加えてCピラー部にも窓を配したデザイン)を採用。

 ドイツのサーキット「ニュルブルクリンク」で走行テストを重ね、FRセダンとして走行性能も鍛え上げられました。

 そんななか、16代目となる新型クラウンのティザーサイトが2022年7月6日に公開されましたが、世界初公開までのカウントダウンとともに「いつかはクラウン?」「セダン? SUV?」「終わりか はじまりか」といった意味深なフレーズが確認できます。

 歴代クラウンのなかでもとくに変化の大きなフルモデルチェンジになることを表しているのか、発表当日に向けて注目が集まります。

 それではここで、クイズです。

 クラウンは、伝統的にフレーム構造のボディが採用されてきましたが、ある世代からモノコックボディを採用しています。クラウンとして最初のモノコックボディとなったモデルは何代目でしょうか。

【1】3代目

【2】6代目

【3】8代目

【4】10代目

※ ※ ※

 正解は【4】の「10代目」です。

 10代目クラウンは1995年に発売されましたが、この代からモノコックボディを採用。広い室内空間を実現したといいます。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定