さまざまなキャンピングカーやアソビ仕様にカスタマイズされたクルマが展示された「アソモビ2022 in Makuhari」。なかでも、トヨタ「プロボックス」をアウトドアカスタムしたキャンピングカーが注目を集めています。どのようなクルマとなっているのでしょうか。

 2022年8月6日から8月7日にかけて、幕張メッセにてアウトドアイベント「アソモビ2022 in Makuhari」が開催されました。
 
 さまざまなキャンピングカーやアソビ仕様にカスタマイズされたクルマが出展されていましたが、なかでも、トヨタ「プロボックス」のアウトドアカスタム仕様が注目を集めていました。

 プロボックスのアウトドアカスタム仕様を制作したのは、大阪府にあるプロボックスを専門にカスタムをおこなっているカスタムショップ「PROBO STYLE」です。

 プロボックスといえば、使い勝手の良さ抜群の商用バンです。

 室内空間が広く、多くの荷物を積載することができるうえ、後席を倒すとフルフラットの空間を確保することができます。

 このように、働く人が使いやすいことが追求されていて、運転席周りの手の届く場所に、必要なモノが置ける収納スペースも充実しています。

 また高速道路などで取引先へと急ぐプロボックスを見たユーザーからは「高速最速」の称号が与えられることもあります。

 そんなプロボックスのアウトドアカスタム仕様は、いったいどのようなものなのでしょうか。

 PROBO STYLEの代表である長尾圭二氏は、プロボックスをベースにアウトドアカスタムを制作した経緯について、以下のように話します。

「私自身が、もともと釣りやスノーボードなどのアウトドアなどが好きで、トヨタ『プロボックス』をキャンピングカー仕様にカスタムしたいと常々考えていました。

 そんななかで、昨今のコロナ禍で車中泊やクルマを使ったアウトドアが注目されたことで、実際にプロボックスのアウトドアカスタムを制作しようと思いはじめました。

 そういう意味では、遊び心を大切にして制作をしています」

 PROBO STYLEから出展されたプロボックスは、旧型の50系と、現行型の160系をベースにした2台で、どちらもアウトドアが楽しめるよう、オフロード風のカスタムが施されています。

 フロントには、ライトカバーとグリル、グリルガードが取り付けられ、オフロード車らしい顔立ちに仕上がっています。

 リフトアップされたタイヤ・ホイールももちろんオフロード使用になっていて、ホイールは純正のサイズである13インチから15インチにインチアップ。

 これにより、悪路での走破性も上がっており、ルーフキャリアも装備されていて、さらに積載性も向上しています。

 また、ボディ後部にはテールランプカバーとリアラダーが取り付けられていて、ゴツゴツとした男前な雰囲気を醸し出しています。

 プロボックスカスタムのこだわりについて、長尾氏は「このキャンピングカーは、1台1台お客さまの好みに合わせて制作しています。ボディカラーも全塗装しており、塗料にもこだわりを持っています」と話します。

 PROBO STYLEでは、ベース車両の仕入れからカスタムまでワンストップで提供しているといいます。

 クルマのカスタムをお願いするときによくある「結局総額はいくら?費用が良くわからない」というカスタムカー業界の『あるある』を解消するため、パターンオーダー性を採用。

 ユーザーにカスタムプロボックスを楽しんでいただけるように、組み合わせ自由でカスタムセットが用意されています。

プロボックスキャンピングカーのココがスゴかった!?

 さらに長尾氏は、プロボックスカスタムのこだわりポイントについて、以下のように話します。

「さらにこだわりポイントとして、釣り竿を収納するロッドホルダーを取り付けたり、ハンガーラックを取り付け、服をハンガーに吊るすことができるようにしたり。

 折りたたみ式のヒッチカーゴを取り付けたりと、アウトドアを十分に楽しむことができる工夫をしているのもこだわりです」

 オフロードの走行性能面だけでなく、アウトドアで使用するときに便利なように細部までこだわっているようで、これによりさまざまなアウトドアシーンでも活躍できます。

「内装もほとんど自社のオリジナルパーツでできており、デニムシートカバーやウッドハンドル、木製のアームレストなど、さまざまなパーツでこだわりを持って制作しています。

 車検にも適合するように取り付けているので、そのまま公道を走行していただいて問題はありません。ソロキャンプでは寝れる広さが備わっています」(前出・長尾氏)

遊び心が満載でありながら、しっかりとした実用性を確保しているプロボックスカスタムですが、その反響もやはり大きいようです。

「結構幅広い年齢層から購入いただいております。

 30代-40代が一番多い印象ですが、20代などで購入される人もいらっしゃいますし、夫婦で遊びに行くために利用される人もいらっしゃいます。

 子供づれのファミリーからも人気です。気軽に手を出すことのできるキャンピングカーで、最新の安全装置もそれなりに備わっているため、多くのユーザーからお買い求めいただいています」

 また、今後の取り組みについては、「今でもウッド調でまとめられていますが、今後はさらに内装を充実させたい」と話しています。

※ ※ ※

 PROBO STYLEのカスタムのベース車は、中古車から新車まで、予算に合わせて案内しているとのことです。

 長尾氏は「リフトアップとカラー、ライトを変えるだけでもプロボックスは手軽にアウトドア仕様に変わります」といいます。

 ベース車両のプロボックスは、非常にポテンシャルの高いモデルであるだけに、カスタムの可能性も無限大といえそうです。