トンネルを抜けたとたんに行き止まりになる道路が、和歌山の山奥にあります。2車線の立派なトンネルはなぜ造られたのでしょうか。そして道路の目的地はどこなのでしょうか。

国土地理院の地図にも載っていない「上滝トンネル」

 山奥の短いトンネルを抜けるとすぐ行き止まりだった――このような場所が紀伊半島にあります。

 トンネルはクルマ同士がすれ違えるごく普通のものですが、そのトンネルを出ると道は突然終わり、あとは山と川が見えるだけ。一体なんのために造られたのでしょうか。

 場所は三重県と奈良県に囲まれた和歌山県の飛び地・北山村の北山川沿いです。村を貫く国道169号の脇道を進むと、そのトンネルが見えてきます。

 名前は「上滝トンネル」といい、車道は2車線(片側1車線)、長さは461m、完成は2003年6月で、北山村の村道です。

 このトンネルを出ると見えてくるのは川と草むらです。2車線の道路の正面には山が待ち構えており、アスファルトの舗装は草むらに突っ込むような形であっけなくすぐに終わります。

 トンネル出口から道路の“終点”までは、長く見積もってもわずか100mほどで、その間にあるのは、川に降りられるスロープくらいです。そのため基本的にクルマも人もそのまま引き返すことになります。

 ちなみにこの上滝トンネルはグーグルマップには載っていますが、国土地理院の「地理院地図」には載っていないという、ますます「謎」な存在です。

 なぜ、山奥にこのような立派なトンネルが造られたのでしょうか。

 北山村の担当者によると、上滝トンネルは「観光筏(いかだ)下り」に関連して造られたといいます。

筏下りとトンネルの「デンジャラス」な関係

 北山村は古くから林業が盛んで、かつては切り出した木材で筏を組み、下流の和歌山県新宮市まで木材を運んでいました。

 北山村が三重県でも奈良県でもなく、和歌山県の飛び地になったのは、こうした新宮市とのつながりが強かったためといいます。

 観光筏下りは1979年にスタート。丸太の筏に乗って、緩急入り乱れる北山川の流れを筏師の巧みな櫂(かい)さばきで進んでいく、およそ70分間の“冒険”です。

 そして上滝トンネルの出口は、この観光筏下りのコースの中間地点にあります。ここが「上滝」であり、流れが早く浅い瀬になっている筏下りの難所の一つです。

 筏下りコースには、神秘的な滝がある場所に「ミステリアス・ウォーターフォールズ」、水深約20mの淵が1kmほど続く場所に「ディープ・プール」など、計10箇所に愛称が付けられていますが、上滝はなんと「モスト・デンジャラス」。最大落差は2mで流れが速く、急流に襲われる時間も長いコース最大の難所といいます。

 通常はスリルがあり大いに盛り上がる地点ですが、この上滝の周辺は川沿いに道はありません。

 そのためトンネルは、上滝付近で万が一の事態が発生したときに救助隊や救急車がいち早く入れるようにと、約15億円を投じて整備したといいます。

 このように上滝トンネルは、いわば「非常時」に備えたものですが、「普段は川の状態を見たり、台風の後の川の補修にも使ったり」(北山村の担当者)しているということです。

※ ※ ※

 北山村周辺の国道169号は、急カーブや狭い道幅などを解消するため、バイパスの「奥瀞道路」の整備が進んでいます。2015年までに1期・2期は開通し、現在は3期(延長3.4km)が建設中ですが、今回の上滝トンネルとは別のルートです。