高級ブランド「紅旗」の新型MPV「HQ9」の量産開始式典が2022年8月12日におこなわれました。どのようなモデルなのでしょうか。

全長5.2m級の高級ミニバン! その姿とは?

 2022年8月12日、中国の第一汽車が展開する高級ブランド「紅旗」が開発した新型「HQ9」の量産開始式典がおこなわれました。紅旗ブランド初の高級MPV(日本でいうミニバン)になるといいますが、どのようなモデルなのでしょうか。

 式典では、新型HQ9の第1号車が生産ラインからロールアウトしたほか、第一汽車のトップを務める徐留平 董事長(CEO)が「新型HQ9は東洋の美学と職人技を体現し、高級ミニバン市場に新しいパラダイムを打ち立てるだろう」次のようにスピーチしました。

※ ※ ※

 新型HQ9は、ボディサイズが全長5222mm×全幅2005mm×全高1892mm、ホイールベースが3200mm。中国でも販売される広汽トヨタの「アルファード」(全長4975mm)を全長で上回り、同じく広汽トヨタ「シエナ」(全長5165mm)とほぼ同等の長さになります。

 フロントフェイスは、紅旗車ならではといえる縦基調かつメッキ加飾がふんだんに用いられた顔つきを採用。

 乗降時に役立つ赤いウェルカムライトも装備されるほか、C-NCAP(車両安全基準)で5つ星を獲得する安全性能も確保しています。

 パワートレインは2リッター直列4気筒ターボエンジン+48Vマイルドハイブリッドシステムで、組み合わされるトランスミッションは8速ATです。

 現地での価格は40万元(約790万円)からとアナウンスさされています。