2018年7月の登場よりその人気は衰えるところを知らず、長納期化が続くスズキ「ジムニーシエラ」ですが、5ドア仕様を望む声も出ており、国外で開発車両が目撃されるなど話題を呼んでいます。今回Nikita Chuicko氏はそんなジムニーシエラの5ドア仕様を予想したうえで、カスタムを施したレンダリングを作成、公開しました。

まだ出ない? 「ジムニーシエラ」の5ドア仕様をカスタム

 発売から4年たった今も長納期化が続き、その人気は衰えることを知らないスズキの四輪駆動車 現行型「ジムニーシエラ」。

 そんなジムニーシエラをカーデザイナーのNikita Chuicko氏は、5ドア仕様にしたうえで、カスタマイズを施したレンダリングを作成し投稿しました。

 軽四輪駆動車の「ジムニー」と普通自動車のジムニーシエラを含むジムニーシリーズは、全世界194の国と地域で、日々の生活からレジャー用途まで幅広く活躍する、コンパクト4WD。

 現行モデルは2018年7月の発売より4年の歳月が経過した現在でもその人気は衰えず、「長納期化」が起こっています。

 一方でユーザーからは3ドア車しかないジムニーシエラの5ドア仕様を望む声も出ており、国外で開発車両が目撃されるなどその登場に期待がかかっています。

 そんなジムニーシエラを正式デビュー前に5ドア化し、そのうえで、カスタマイズを施したレンダリングを公開しているのがNikita Chuicko氏です。

 Nikita Chuicko氏は、三菱「ランサーエボリューション」の次期型や本格オフロード仕様の日産「エクストレイル」など現実にはまだ存在しないような、あらゆる「もしかしたら」なクルマのレンダリングを作成し自身のSNSに投稿する一方で、三菱やキャデラックなどあらゆるクルマの車高を下げ、グリルをブラック化する独自のカスタマイズ仕様のレンダリングも作成しているデザイナーです。

 レンダリングで公開されたジムニーシエラ5ドアの外装は、ビビッドなキネティックイエローとブラックの2トーンです。ボディは延長され、リアドアが追加されています。

 また、フロントバンパーやボンネット、ヘッドライトが換装され、リアスポイラーを追加し、マフラーもサイド出しに変えられるなどのカスタマイズも施されています。

 ホイールも大径化されており、ワイルドな印象になっていますが、これらのカスタマイズについて、Nikita Chuicko氏はドイツのカスタムメーカー「BRABUS(ブラバス)」風とコメントしています。

 このクルマについてSNSでは「すぐにでも購入したいです!」「この美しいクルマは、デザインとして残すだけでなく、生産されるべき」といった声が集まっています(編集部訳)。

 Nikita Chuicko氏の製作したレンダリングは、もちろん非現実ですが、ジムニーシエラのメルセデス・ベンツ「Gクラス」BRABUS仕様に似せたカスタマイズは現実に存在しており、仮にジムニーシエラの5ドア仕様が現実に登場すれば、レンダリングと似たような仕様のクルマが登場してもおかしくはありません。