国内未導入のレクサス車に高級ミニバンの「LM」があります。中国などアジアで販売されているラグジュアリーモデルですが、どのような特徴があるのでしょうか。

レクサス唯一のミニバン「LM」

 トヨタの高級ブランドとして展開されるレクサスは、国内ではセダンとSUVを中心に、クーペをラインナップしています。

 海外では日本未導入のモデルも存在し、なかでも注目されるのはミニバンの「LM」です。

 LMは2019年4月に開催された上海国際モーターショーで世界初公開され、その後、中国をはじめアジア各国で販売されています。

 トヨタの高級ミニバン「アルファード」をベースとし、レクサス顔を印象付ける「スピンドルグリル」にはクロムメッキを採用。L字のデイタイムランニングライトも装着されるなど、ラグジュアリーで存在感のある外観が特徴です。

 ボディサイズは、全長5040mm×全幅1850mm×全高1945mm、ホイールベース3000mm。パワートレインは、3.5リッターV型6気筒ガソリンの「LM350」と2.5リッター直列4気筒ハイブリッドの「LM300h」が仕向地ごとにラインナップされています。

 ショーファードリブン(運転は運転手に任せオーナーは後席に座るリムジン)として活用されることを想定し、LMは2列4人乗りを設定。

 前席と後席はガラススクリーンによって区切られており、広大なプライベート空間が広がる後席は贅沢な2シーターレイアウトを採用しました。

 2シーターレイアウトの後席は左右独立した大型のエグゼクティブシートを搭載。リアシート前方には26インチのディスプレイが配置されたほか、冷蔵庫も備わるなど、最上級の“おもてなし空間”を堪能できます。

 また、低密度ポリウレタンで作られたシートフォームは柔らかくて快適なうえ、上質な質感と優れたサポート性を両立。綿密にセッティングされたサスペンションとスイングバルブダンパーの採用により、卓越した乗り心地と快適性を実現しました。

 なお、より実用的な3列7人乗り仕様も用意されています。

 日本未導入のLMですが、街で見かけたことがある人もいるかもしれません。

 アジアで販売されているLMを輸入するケースのほか、アルファードをベースにLMの純正パーツを取り寄せて移植したものも存在。

 東京オートサロンでもLM顔のアルファードが出展されており、人気が高いカスタムであることがわかります。

※ ※ ※

 アルファードと「ヴェルファイア」にも2列4人乗りの「ロイヤルラウンジ」というコンプリートカー(1500万円)があり、モデリスタから販売されていましたが2019年12月に生産が終了しました。

 そんななか、レクサスが数年以内にLMを日本で発売するという噂も聞かれるなど、新たなラグジュアリーミニバンの正式導入への期待がかかります。

 ただし、中国やタイでは日本円で2000万円以上の価格で販売されており、日本市場でもトヨタ「センチュリー」並みの超高額モデルになることは覚悟しておかなくてはならないでしょう。