SUV化に賛否があったトヨタ新型「クラウン クロスオーバー」。一部グレードが発売され、販売店での試乗や展示が開始されましたが、実際に触れてみた人からはどのような反響があるのでしょうか。

近未来的でカッコいい!

 16代目となるトヨタ新型「クラウン」が2022年9月1日に発売されました。

 2022年7月に世界初公開された新型クラウンは4つのスタイルが用意されることが話題になりましたが、まずはセダンとSUVが融合した新型「クラウン クロスオーバー」がデビュー。

 そのなかでも、2.5リッターハイブリッドの「G“Advanced”」「G“Advanced Leather Package”」の販売がスタートしています。

 それと同時に販売店にも展示車や試乗車が配備され、新型クラウン クロスオーバーに実際に触れてみたという人が同車の印象をSNSに投稿しています。一体どのような反響があるのでしょうか。

 外観については、「思っていたより近未来的でカッコいい!」「賛否両論ありますが、自分的にはアリ!だと思います。現車に触れたらホントにカッコよかったです」という声がありました。

 長年セダンを守ってきたクラウンがクロスオーバーSUVになるということで当初はさまざまな意見が飛び交いましたが、トヨタの最新クロスオーバーSUVという視点で見ると、カッコ良さが際立っているようです。

 大胆なイメチェンを果たした新型クラウン クロスオーバーは、スタイリッシュなクーペライクシルエットと、力強いリフトアップスタイルを組み合わせ、流麗さとダイナミックさを両立。

 左右に一直線につながるヘッドランプやテールランプや、面の抑揚で質感を表現したサイドビューなど、シンプルでありながら鋭さと雄大さを兼ね備えたデザインを実現しました。

 ボディカラーは、ボンネットやルーフ、リアをブラックに塗り分けたバイトーンカラーのコーディネートを取り入れるなど、新しいクラウンの変革を表現する12通りの外板色を用意するなど、色で個性をアピールしています。

 また、「先日購入予約した新型クラウンに試乗する機会があった。トヨタの最新技術を詰め込んである訳だから申し分ない。タイヤがやたらと大きいな」「昨日帰り道に初めて新型クラウンの実車を見ました。大きかったですね…すごく…ホイールが」と、タイヤとホイールの大きさについての投稿も見受けられました。

 新型クラウン クロスオーバーに純正装着されるタイヤは21インチ(225/45R21)と、国産車としてはかなり大きいサイズです。

 クロスオーバー化による車高アップにともない大径タイヤが採用されたわけですが、従来の商品ではほとんど設定がないサイズということで、ダンロップ「SP SPORT MAXX 055」が専用タイヤとして新規開発されたといいます。

 大径タイヤをさらに大きく際立たせるために四角く角張った断面形状を採用していることも、堂々とした足元を演出するのに一役買っているようです。

 なお、純正装着タイヤとしてミシュラン「e・PRIMACY」も採用されるほか、グレードによっては19インチが装着されます。

 実際に試乗した人からは、「着座位置が高めで乗り降りがしやすく運転もしやすいクルマです。新時代の高級車という趣でした」という投稿も寄せられていますが、トヨタはフラッグシップにふさわしい、ゆとりと品格を感じられる走りと快適な乗り心地を実現したと説明しており、クラウンならではの走りの良さは健在とのこと。

 ほかには「リアにドラレコあるし、トランク広々だしセダンのクラウンに抱いていたイメージをいい感じに粉砕してくれた。長い荷物も乗せられるから、釣り竿やテントの畳めないポールも積めてアウトドアのシーンでも使えるんじゃないかな?」という投稿もありました。

 ラゲッジスペースは9.5インチのゴルフバッグを3つ収納できる広さを確保。リアシートにはトランクスルー機能も備わるなど、新型クラウン クロスオーバーはレジャーでも活躍してくれそうです。

※ ※ ※

 今後は新型クラウン クロスオーバーの2.4リッターターボハイブリッドが発売されるほか、セダンの新型「クラウン セダン」とSUVの新型「クラウン スポーツ」、新型「クラウン エステート」が順次投入されることになっています。