大野油坂道路で最長となる「荒島第2トンネル」が、貫通を迎えます。このルートは中部縦貫道の一部となり、首都圏・中京圏と福井を結ぶ動脈になります。

荒島第2トンネル、10月3日貫通へ

 大野油坂道路で最長となる荒島第2トンネルが、2022年10月に貫通します。

 この区間ができると、どのような効果があるのでしょうか。

 大野油坂道路は国道158号のバイパスで、中部縦貫道を構成する地域高規格道路(自動車専用道路)の一部でもあります。

 計画延長は35.0kmで、すでに開通している永平寺大野道路の終点・大野ICと油坂峠道路とを接続し、これらの道路とともに北陸道と東海北陸道を東西につなぎます。

 この整備により、中京圏〜北陸の新たなルートになるほか、首都圏〜福井の最短ルートとしても期待できます。

 今回貫通を迎える荒島第2トンネルは福井県大野市内に位置しており、延長は大野油坂道路のトンネル10本の中で最長の4988mです。2018年11月から4年かけて掘削が進められてきました。幅員は12mで、道路は2車線(片側1車線)で整備されます。

 荒島第2トンネルの貫通は、10月3日午前に予定されています。

 大野油坂道路の大野IC〜勝原IC間10.0kmは2022年度、荒島第2トンネルを含む勝原IC〜九頭竜IC間9.5kmは2023年秋、九頭竜IC〜油坂出入口(仮称)間15.5kmは2026年春にそれぞれ開通する見込みです。