ダイハツが、マイナーチェンジした軽スーパーハイトワゴン「タントカスタム」を発売しました。SNSユーザーはどのように受け止めたのでしょうか。

フロント周りを一新

 2022年10月3日、ダイハツが軽スーパーハイトワゴン「タントカスタム」をマイナーチェンジし、発売しました。

 インターネットのSNSユーザーは、どのように受け止めたのでしょうか。

 タントは2003年に初代が登場し、軽乗用車のスーパーハイトワゴンというジャンルを確立。両側パワースライドドアや、センターピラーをドアに内蔵し広い開口部を実現した「ミラクルオープンドア」を採用するなどして、現在も幅広いユーザーに支持されています。

 現行の4代目は、ダイハツの新世代のクルマづくりコンセプト「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」に基づいた第1弾として2019年7月に発売されました。

 今回の改良は2022年8月22日に情報を先行公開していました。

 エアロパーツを装備するタントカスタムは、タントシリーズで上級モデルの位置付けでもあります。

 今回のマイナーチェンジでは、フロント周りを一新。ヘッドライトが鋭い形状に変わり、フロントグリルも迫力のあるものとなって押し出し感を強めています。

 内装は、上下2段階調節式のデッキボードを新たに採用し、荷物を上段と下段に分けて積めるように工夫しています。

 また、9インチのスマホ連携ディスプレイオーディオをオプション設定。Apple Car Playに対応し、エアコンなどの操作が声でできる音声認識機能も搭載しています。

 ボディカラーは「クールバイオレットクリスタルシャイン」「クロムグレーメタリック」が追加されています。

 マイナーチャンジしたタントカスタムを見たSNSユーザーからは、「顔が好き」「カッコイイ、めちゃくちゃ欲しい」「めちゃくちゃかっこ良くなってる」など、デザインを歓迎する声が。

 しかし一方で、「もはやトールでは?」「ルーミー顔になった」「レクサス顔やん」など、エアロパーツやフロントグリルの形などから、既存の別モデルを連想する人も見受けられました。

 タントカスタムの価格(消費税込)は、178万2000円からです。

 なお、ダイハツはタントカスタムとともに、タントの通常仕様もマイナーチェンジを実施。さらにクロスオーバー風モデルの「タントファンクロス」を新たな追加しそれぞれ発売しています。