アルピーヌ・ジャポンは2022年10月4日、「アルピーヌ A110 R」の受注を11月下旬から開始すると発表しました。パフォーマンスを追求したモデルといいますが、通常モデルと何が違うのでしょうか。

とことん軽量化をはかり、A110シリーズ中もっとも「過激」なモデル

 アルピーヌ・ジャポンは2022年10月4日、2ドアミッドシップスポーツカーの「アルピーヌ A110」に、軽量化をおこない専用シャシーを採用したハイパフォーマンスモデル「A110 R」の受注を開始すると発表しました。
 
 アルピーヌA110 Rは全国のアルピーヌ正規販売店で2022年11月下旬より受注を開始します。

 アルピーヌA110は、2017年3月7日の仏ジュネーブショーで初公開。1960年代から1970年代にかけてラリーシーンなどで活躍したリアエンジンの軽量・コンパクトなスポーツカーを、現代にリバイバルさせたモデルです。

 ボディサイズは全長4178mm×全幅1798mm×全高1252mmとコンパクトで、最高出力252馬力、最大トルク32.6kgmを発生するエンジンをボディ中央に搭載したモデルです。

 また高性能版の「A110S」も登場。292馬力にアップデートされ、シャシーも専用チューニングとなっています。

 さらに2022年1月の東京オートサロン2022会場で、A110シリーズのマイナーチェンジモデルが発表されました。

 今回新たに登場した「A110 R」はA110Sをベースに、さらにパフォーマンスを高めたモデルとなっています。

 車名の最後につくRは「過激」を意味する「radical」のR。「車体の軽さはA110の象徴である」と開発者たちの定めたコンセプトにもとづき、A110Sをさらに軽量化。

 フロントリップスポイラーやボンネット、専用ホイールなどをはじめ、エクステリアやインテリアにカーボンを採用。徹底的な軽量化をはかり、総重量1082kgのボディとなりました。

 また、空力性能も向上。カーボン製のフロントリップスポイラーや新形状のリアディフューザー、「スワンネック」形状のマウントで固定されたリアスポイラーを装備することで、ダウンフォースが向上し、ハンドリング性能を高めました。

 シャシーはアンチロールバーの剛性をフロント10%、リアで25%を強化(A110S比)し、サスペンション剛性も高めたほか、車高調整、減衰力調整機能付きのダンパーを装備しています。

 パワートレインはボディ中央に1.8リッター直列4気筒ターボエンジンと7速DCTに搭載し、最大出力300馬力、最大トルク340Nmを発揮。0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は285km/hをマークします。

※ ※ ※

 今回のA110 Rはカタログモデルとして販売され、A110、A110 GT、A110 Sと4種類のバリエーションを展開します。

 なお10月5日現在、アルピーヌA110 Rの価格は発表されていません。