2022年9月14日(アメリカ ミシガン州現地時間)、フォードはフルモデルチェンジを果たした新型「マスタング」を発表し、同時にカスタムモデルである「ダークホース」も発表しています。この新型マスタングに対しSNS等ではさまざまな意見が集まっています。

V8+MT残る、伝統のスポーツカー「マスタング」欲しい声多数

 2022年9月14日、アメリカの自動車メーカー「フォード」はフルモデルチェンジを果たしたスポーツカーの新型「マスタング」を発表。あわせて、カスタムモデルである「ダークホース」も発表しています。

 いまや世界でも珍しいV型8気筒エンジン+MTの設定がある数少ないクルマとなりましたが、国内の反響はどのようなものなのでしょうか。

 フォードはアメリカに本拠を置く、国際的な自動車メーカーです。マスタングは同社が製造・販売するスポーツクーペ。

 マスタングの初代モデルは、1964年に開催されたニューヨーク万国博覧会で世界初公開。以来、1974年に登場した2代目、1979年登場の3代目、1994年に登場した4代目、2005年登場の5代目、2014年登場の6代目と進化を続け、その歴史は58年と半世紀近い経歴を持ちます。

 またマスタングは2014年以来7年連続で、「世界でもっとも売れているスポーツクーペ」として君臨するなど、原産国であるアメリカのみならず世界中から愛されるクルマでもあります。

 国内では過去に日本法人のフォード・ジャパンが輸入・販売していましたが、2016年9月にフォード・ジャパンが撤退したことで正規販売がなくなり、一部並行輸入業者が販売するのみとなっています。

 今回発表された新型マスタングは約8年ぶりのモデルチェンジを遂げた7代目に当たるモデル。そのエクステリアは歴代モデルをインスパイアしながら、彫りの深さを加えエッジを効かせた、これまでで最も幅広い顧客層を狙ったデザインに仕上がっています。

 エンジンには、2.3リッター直列4気筒ターボチャージャーエンジンと5.0リッターV型8気筒エンジンが設定されます。また、V型8気筒エンジンモデルは、トランスミッションを6速MTもしくは10速ATから選択可能。V8+MTが残る数少ないクルマとなりました。

 同時に発表された、新型マスタングのカスタムモデルであるダークホースは、2001年に「マスタング ブリット」が導入されて以来、21年ぶりに復活したパフォーマンスシリーズです。

 エンジンには最高出力500馬力を発揮する5リッターV型8気筒エンジンを搭載。これに組み合わせるトランスミッションは、通常のV8モデルと同様に6速MTもしくは10速ATを選択可能です。通常のマスタングと比較し、パワートレイン・シャシー・足回りなどさまざまな部分にチューニングがおこなわれており、走行性能が強化されています

 エクステリアにも大胆な影のグラフィックがLEDヘッドランプの周囲に施されるなど、フォードがリリース内で「邪悪でありながらプレミアム」と語る特別なカスタマイズが施されています。

※ ※ ※

 数少ないV8+MTの設定がある「スポーツカー」となるマスタングですが、前述の通りフォード・ジャパンが撤退してしまっているため日本での販売はありません。

 しかしながら、このクルマについて数多くの声が集まっています。

 一番多く見られるのは「カッコイイ」「キープコンセプトなレトロ感最高」「内装もカッコイイ」など、デザインに関して好印象を抱く意見です。

 また「並行(輸入)でもいいから欲しい」「並行でも売ってくれたら買う」など、購入を示唆するコメントも目立ちます。

 中には公式のスケッチ画像に「右ハンドル」の画像があったことから、日本でも乗りやすい仕様が出ることを期待する声も聞こえてきます。

 あまり悪評が聞こえてこないマスタングですが、なかには「先進国でフォードがない国なんてある?」「もう少し頑張って売っていれば、日本でも有名なスポーツカーになったのに」「世界で一番売れているスポーツカー並行じゃないと買えないなんて」といったフォードか日本を撤退していることを悲観している意見も聞こえてきます。

 今後ますます少なくなっていくであろう大排気量かつマニュアルの設定がある伝統的スポーツカー「マスタング」の輝きの影で、日本の凋落を感じているようです。