北米ホンダは、2022年秋公開予定の新型SUV「パイロット トレイルスポーツ」が、10月7日から9日、14日から16日にかけて開催される米テキサス州の音楽フェス「オースティン・シティ・リミッツ」で初めて一般に公開されると発表しました。

今秋の完全公開を前に音楽フェスで初めての一般公開をおこなう

 北米ホンダは2022年10月6日、新型SUV「パイロット トレイルスポーツ」の完全公開を前に、米テキサス州で10月7日と14日からそれぞれ3日間開催される音楽フェス「オースティン・シティ・リミッツ(以下ACL)」で初めて一般公開されます。
 
 パイロット トレイルスポーツは今秋の正式公開を予定しています。

 ホンダ「パイロット」はかつて日本でも販売された「MDX」の兄弟車にあたる3列シートのSUV。

 2022年秋に4代目となる次期モデルの正式発表をおこなう予定で、オフロードテイストを盛り込んだ「トレイルスポーツ」仕様を設定するとアナウンスしています。

 トレイルスポーツはオフロード性能、多用途性、耐久性をさらに高めたグレードです。専用デザインのエクステリアと個性的なインテリアが採用されます。

 9月14日に公開された画像では、エクステリアは、目の粗いメッシュタイプの六角形型グリルに「TrailSport」エンブレムを配置。スキッドプレートを彷彿させるシルバーのロアガーニッシュでタフさを表現しています。

 リアはフロント同様、「TrailSport」エンブレムと、シルバー塗装のスキッドプレート風ロアガーニッシュで存在感を発揮。

 全米の過酷な地形でテストされたパイロット トレイルスポーツは、オールテレインタイヤ、オフロードチューンドサスペンション、機能を向上させた全輪駆動システムを標準装備し、ホンダSUV史上もっとも頑丈なクルマとなる予定だといいます。

 今回、音楽フェスACLで一般公開されるパイロット トレイルスポーツは、10月6日から10日間開催されるアメリカ最長で女性のみでおこなわれるラリー競技「Rebelle Rally」の出場車両と同じラッピングが施されます。

 公開期間は、ACLの開催期間に合わせ、10月7日から9日まで、10月14日から16日までとなっています。

※ ※ ※

 ホンダは13年間にわたってACLとパートナーシップを締結。今回のフェスでは、ホンダが従来開催してきた「シビック・ツアー」と統合し、7都市をめぐるツアーのフィナーレを迎えます。

 今回、パイロット トレイルスポーツは今秋の完全公開を前にして、今回のフェスでの一般公開や、アメリカ最長のラリー競技「Rebelle Rally」に一足先に参加するなど、積極的なアピールをおこなっています。

 この戦略により、ライバル車の多い北米市場でパイロット トレイルスポーツの存在感をどこまで示すことができるか注目されます。