最近では車中泊が人気を集めていますが、利用者増加に伴いトラブルも多発しているといいます。車中泊をおこなう際はどういったポイントに気をつけると良いのでしょうか。

実際に届く車中泊に関する「苦情の声」とは

 最近ではコロナ禍の影響もあり、密を避けることができるアウトドアでのレジャーがブームとなっており、クルマで寝泊まりできる車中泊も人気を集めています。
 
 一方で、一部ユーザーのマナーが問題となり、トラブルに発展するケースもあるといいます。

 昨今では、ソロキャンプの盛り上がりや新型コロナウイルスの影響もあり、他のグループと接触せずクルマの中で寝泊まりできる車中泊が流行しています。

 動画配信サイトでは車中泊用にクルマを改造する様子や、車中泊の旅の模様などを紹介する動画が人気を博しているほどです。

 このように車中泊を楽しむ人が増えている一方で、ネット上では「障害者用の駐車スペースにクルマを停めて車中泊をしている」「道の駅にゴミを捨てる人がおり、ゴミがあふれている」という声も聞かれ、車中泊のマナーに関してトラブルが発生するケースもあるようです。

 車中泊のトラブルについて、筆者(元警察官はる)が警察官として勤務していた時代も、実際にいくつかの苦情の声があったほどです。

 今回は実際に寄せられた苦情について振り返りつつ、車中泊をおこなう上で気をつけたいマナーについて見ていきます。

 まず、車中泊に関して苦情で多かったのは「騒音」に関するものです。

 具体的には、「夜中なのにクルマのエンジンをかけっぱなしにしていて音がうるさい」「お酒を飲んで騒いでいる」といった内容の苦情が寄せられたことがあります。

 エンジンのかけっぱなしは基本的にマナー違反であり、車中泊が可能な駐車場であってもアイドリングが禁止されているケースが多いです。

 エンジンをかけたままトイレなどでクルマを離れると、車内の貴重品が盗まれたり、車両自体の盗難被害に遭うといった恐れもあります。

 外の気温は暑かったり寒かったりと時期によって変わりますが、時期に応じてエンジンを使わない冷暖房設備を用意することや、衣類や車内の断熱材を工夫して温度を調節するなどの対策をとることは、車中泊時に気をつける必要があるといえます。

 なかには車中泊では非日常を楽しみたいという気持ちからテンションが上がり、お酒を飲んで盛り上がるというケースもあります。

 盛り上がった流れから夜中に騒いでしまうことで、近隣住民や同じように車中泊をしていた人とケンカになるなどトラブルに発展する可能性も。

 夜の遅い時間はとくに、考慮することを心がける必要があるといえます。

 また、「許可されていない場所で車中泊をおこなっている」という声が寄せられることもありました。

 公園などの公共施設で車中泊をおこなう人もいますが、公共施設であっても車中泊が禁止されている場所は多くあるため、注意が必要です。

 また高速道路のサービスエリアやパーキングエリアについても、多くの利用者が駐車場を利用できるように長時間の駐車を禁止しているケースがあります。

 車中泊の際には、車中泊可能なオートキャンプ場や、日本RV協会が公認した「RVパーク」と呼ばれる車中泊施設を利用するほか、車中泊をしても良い場所なのか判断できない場合には、その場所の管理者に連絡して使用できるかどうかを確認することが大切です。

 きちんと許可を取っていないと、管理者や近隣住民などから不審者として通報され、警察から職務質問をされることがあるほか、お店の駐車場などでは無断駐車として罰金を請求される可能性もあります。

 このほか、「たばこの吸い殻や弁当などのゴミを捨てる人がいる」、「ゴミの後片付けをしなければならず困っている」という苦情の声もありました。

 車中泊をする際の基本ではありますが、自分が出したゴミの持ち帰ることはもちろんのこと、たばこの吸い殻は最悪の場合火災につながる恐れも。

 車中泊をおこなう際は、車中泊について事前にマナーを確認した上でおこなうことが望ましいといえます。

※ ※ ※

 車中泊に関しては、騒音やゴミ問題、許可を得ない敷地の利用など、一部ユーザーによるマナー違反が原因で警察に苦情が寄せられることがあります。

 車中泊を行う場合には、最低限のマナーを守り、他の人の迷惑にならないよう十分に配慮して楽しむことが大切です。