2023年夏に発売を予定している新型「デリカミニ」。すでに多くのユーザーが興味を示しているようです。

デリカシリーズに「末っ子」、デザインの反響は上々!

 三菱がエクステリアデザインを発表した新型「デリカミニ」。
 
「デリカ」の名を冠する新型車の登場に、販売店では早速反響が寄せられているようです。

 三菱は2022年11月4日、軽スーパーハイトワゴンの新型デリカミニのエクステリアデザインを公開しました。

 新型デリカミニは、軽規格におさまるコンパクトなモデルでありながら、三菱の4WDオフロードミニバンである「デリカD:5」のイメージを受け継いだタフなデザインが特徴です。

「DAIRY ADVENTURE(毎日の冒険)」をデザインテーマにしているという新型デリカミニ。

 エクステリアはタフ感を増したフロントマスクが与えられており、デリカシリーズの末っ子としての存在感を強調しています。

 ボディカラーにも「アッシュグリーンメタリック/ブラックマイカ」など、アウトドアシーンで映えるツートーンカラーが多数用意されており、これまでの軽自動車のイメージをくつがえす存在となることが期待されています。

 新型デリカミニですが、すでに販売店には問い合わせがあるようです。首都圏の三菱販売店の担当者は、デリカミニの反響について、次のように話します。

「三菱はオフロードに強いイメージが強かったことに加えて、最近ではアウトドアブームの影響からか、軽自動車に対してもよりタフなルックスを求めるお客さまが増えていると感じていました。

 これまではeKクロス スペースがその役割を担っていたのですが、eKクロスとの違いがそれほど大きくなかったことからライバルに遅れをとっていたのが実情です。

 しかし、今回発表されたデリカミニは、フロントもリアも独自のデザインが採用されました。

 そのため、まったく新しいクルマに見えることから、興味を示されるお客さまが多くいらっしゃいます。

 デザイン面でいえば、とくにヘッドライトのデザインに惹かれるお客さまが多いようです」

※ ※ ※

 インターネット上にもデリカミニのヘッドライト周りのデザインを評価する声は多く、なかにはランドローバー「ディフェンダー」と感じるユーザーもいるようです。

新型デリカミニのライバルはどんなモデル?

 では、新型デリカミニはどんなモデルと競合するのでしょうか。

 前出の販売店担当者は次のように話します。

「スズキ『スペーシア ギア』やダイハツ『タント ファンクロス』が直接の強豪になるかと思います。

 さらにアウトドア志向の軽自動車という意味では、スズキ『ハスラー』やダイハツ『タフト』といったモデルと比較検討されるお客さまも多いかもしれません。

 実際、お客さまのなかには、デリカミニのエクステリアデザインが発表された後、予約していたタフトをキャンセルしたという人もいらっしゃいました。

 一方、『デリカ』の名前を冠していることから、本格的なオフロード性能を期待されているお客さまも多いようです。

 残念ながら、デリカD:5ほどのオフロード性能はないようですが、eKクロス スペースよりも最低地上高が高められているとの情報もあり、一般的な軽スーパーハイトワゴンよりは悪路に強いモデルとなりそうです」

※ ※ ※

 デリカD:5に加え、かつては「パジェロ」や「パジェロミニ」といったクロスカントリー車をラインナップしていた三菱だけに、本格的なオフロード性能を期待する声は根強いようです。

 新型デリカミニは、初代デリカの発売から55周年となる2023年度初夏に投入するといい、「東京オートサロン2023」に参考出品する予定です。