2022年11月28日に発表された新型日産「セレナ」。SNS上では早くも賛否両論の声が上がっているようです。

6年ぶり全面刷新の新型「セレナ」 SNSではすでに賛否両論?

 日産は2022年11月28日、新型ミドルサイズミニバンの新型「セレナ」を発表しました。

 SNS上では新型セレナについて早くも話題となっており、さまざまな意見が交わされています。

 日産のミドルサイズミニバン「セレナ」は1991年に初代が登場。以来、30年以上にわたり、日産の主力ミニバンとして5世代にわたって展開してきました。

 6代目となる新型セレナは、初代から受け継がれてきた「BIG」、「EASY」、「FUN」の3つのコンセプトはそのままに、移動時の快適性を追求し、最先端技術の搭載や様々な機能の充実を図ったといいます。

 エクステリアは、セレナらしい親しみのあるスタイリングとしながらも、近年の日産のアイデンティティである「Vモーション」を採用したフロントグリルや、屋根が浮いているような印象を与える「フローティングルーフ」などを採用し、上質でモダンさを表現。

 インテリアは、センターディスプレイと一体感のあるインターフェイスディスプレイや日産車としては初となるスイッチタイプの電制シフトを採用。先進的で上質な広々とした空間を意識しながらも、視界を遮る凹凸を減らすことで、運転のしやすさを向上させています。

 先進運転支援機能の「プロパイロット」は全車に標準装備とし、最上位グレード「e-POWER LUXION(ルキシオン)」には高速道路の同一車線走行時にハンズオフできる「プロパイロット 2.0」を標準装備しているなど、機能面の刷新も図られました。

 SNS上では新型セレナについてすでに話題となっており、さまざまなユーザーから感想が投稿されています。

 エクステリアに関しては、「外観はまぁまぁいいやん、これが欲しかった」「新型セレナ、個人的にめっちゃ好き。カッコいい!!」「マジでカッコいい!」などと肯定する意見が多く見られ、「このヘッドライト実際見たら結構カッコいいかも」とVモーショングリルとつながりを持ったデザインのヘッドライトについて、好印象を抱いたユーザーの声が比較的多く見られました。

 一方で、「新型セレナ、ちょっと苦手な顔」「顔のアクの強さがアンバランスすぎる」などと、印象的なフロントのデザインに関して違和感を覚える人も少なからずいるようです。

 インテリアに関しては、新型セレナの特徴のひとつである電制シフトに関する声が多く、「ボタン式シフトになってめちゃめちゃスッキリしてる」「シフトは全部ボタンか 普通に運転する分には気にしないはず」「セレナのシフトパネル押し間違え頻発しそう」などの意見が見られました。

 物理的なシフトノブがなくなったことでスッキリとしたデザインとなったことを肯定する意見に加え、操作ミスを誘発するのではないかといった意見など賛否が別れているようです。

 プロパイロット2.0については、コネクテッドサービスの「NissanConnect」の「プロパイロットプラン+」に加入することが必要ですが、これについてユーザーからは驚きの声があがっており、「年会費かかるのか…」「普及させる気ないのか」などと有料であることについて厳しい声も上がっています。

※ ※ ※

 新型セレナの発売はガソリン車が今冬から、e-POWER車は2023年春を予定しており、今後どの程度まで販売台数を伸ばしていけるか注目されます。