欧州トヨタは、「C-HR プロローグ」を世界初公開しました。最近のトヨタ顔ともいえる「ハンマーヘッド」のデザインへと一新されるようです。

新型C-HRのコンセプトモデル初公開!

 トヨタの欧州法人は2022年12月5日(現地時間)、クロスオーバーSUV「C-HR」の次期型コンセプトモデルとして「C-HRプロローグ」をKenshiki(見識)フォーラム2022で初披露しました。

 2016年12月に発売された初代C-HRは、TNGA第1号である「プリウス(4代目)」とプラットフォームを共通にしながら、世界のさまざまな道での走行テストをおこない、意のままの走りを追求。

 デザインにもこだわり、外観はスピード感あるキャビン形状や彫刻的な面造形、ダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したフェンダーなど、独創的なスタイルを実現しています。

 初代登場からちょうど6年が経過し、いよいよ2代目となる新型C-HRのコンセプトモデルが世界初公開されましたが、次期C-HRも個性的なデザインになることが明らかになりました。

 C-HRプロローグは、南フランスにあるトヨタの欧州デザイン開発センター「ED2」で開発。キャラクターラインは、シャープな動きから流動的な動きへと微妙に変化する様子を表現。流麗さとシャープさのコントラストが強調されています。

 また、新型「プリウス」や新型「クラウン スポーツ」などと共通する「ハンマーヘッド」と呼ばれるフロントフェイスは、さまざまな形状が連動する3Dアーキテクチャーと大胆なライティングシグネチャーによって構成。

 小型化されたフロントグリルの開口部やシャープなヘッドライトによって先進感を際立たせ、サメのように鋭く突き刺さるような印象のデザインです。

 さらに大径ホイールとショートオーバーハングにより、スポーティさを高めました。

 初公開されたC-HRプロローグについて、SNSではさまざまな反響が見受けられます。

 デザインについて、「めちゃくちゃかっこええやん!」「次期C-HRはかなりカッコイイじゃないですか! 大胆なデザインは歓迎だぜ」など好評という声のほか、「意外とカッコいいけど、思っていた以上にC-HR感が薄くなった様な…」「奇抜さを前面に出すだけになってきたが大丈夫?」といった意見もありました。

 また、「最近のトヨタ車は市販車がコンセプトカーとほぼ同じ見た目で発売されているから、コイツもこのまま売れそうだなあ」「新型プリウスを見た後なので、ほぼこのまま出してきかねないと思い始めている」など、新型プリウス(5代目)が想定外ともいえるスポーティで大胆なデザインで登場することから、新型C-HRもこのまま発売されると予想する人もいます。

 ほかにも、「間違いなくプリウスよりこっちのほうが本命でしょう」「トヨタ、本気出してきたな」など期待する声も寄せられました。

 一方、「それでなくても狭い車がもっと狭くなりそうだ! 最近のデザインは中の広さは考えない気がするな〜」と、シャープなデザインがゆえに居住性について懸念する書き込みも。

 今回は外観が公開されただけで内装・室内空間については未公開ですが、トヨタは「インテリアはより広く使い勝手の良い空間を実現した」と説明していることから、インテリアについても改良が施されているものと思われます。

※ ※ ※

 C-HRプロローグのパワートレインは、ハイブリッドとプラグインハイブリッド(PHEV)が搭載されることも公表。PHEVのバッテリーは欧州で組み立てられることになります。