2023年10月に発売されたホンダ新型「N-BOX」には、世界初の画期的なアクセサリーが設定されています。「サンシェード内蔵大型ルーフコンソール」とはどのようなものなのでしょうか。

進化系の「サンシェード」が画期的すぎる!

 軽自動車のみならず、日本で販売される新型車でもっとも売れているのがホンダ「N-BOX」です。同車は2023年10月にフルモデルチェンジし、3代目モデルが発売されました。
 
 6年ぶりに全面刷新して登場した新型N-BOXは、従来モデルからの特徴である軽自動車最大級の広い室内空間や高いアイポイントを継承しつつ、そのうえでノイズレスな視界を追求し、見通しが良く運転がしやすくなっています。

 ラインナップには、標準仕様の「N-BOX」とエアロ仕様の「N-BOXカスタム」を用意。

 新型N-BOXはフロントグリルの丸穴デザインや丸目ヘッドライトを装着することで親しみやすさを表現したのに対し、新型N-BOXカスタムは、立体的で緻密な造形のフロントグリルや、横幅いっぱいに広がる一文字ライト、ホンダ初のダイレクトプロジェクション式フルLEDヘッドライトによって精悍なデザインとしました。

 パワートレインは、自然吸気エンジンのほか、新型N-BOXカスタムにはターボエンジンも設定。CVTは変速制御を見直し、これまで以上に上質な走りを実現しています。

 そんな新型N-BOX/N-BOXカスタムには、さまざまな純正アクセサリーが設定されています。そのなかでも注目されるのは世界初の「サンシェード内蔵大型ルーフコンソール」です。

 サンシェード内蔵大型ルーフコンソールは、従来のN-BOXにも設定されていた、小物などを収納できるルーフコンソールと、フロントガラスを覆うシェードを組み合わせたもの。

 内蔵大型ルーフコンソールにはサンシェードが内蔵されており、ワンアクションでシェードを上から引き出すことが可能で、引き出したシェードはダッシュボード中央に配された留め具に固定します。そして、片手でサッと外してシェードを巻き上げることも可能です。

 開発・発売をおこなうホンダアクセスの担当者によると、「夏場は車内の温度上昇を防ぐために市販のサンシェードを使用する人も多いですが、昨今のクルマはドライブレコーダーなどが装着されていて、フロントガラスをうまく覆えないことがあります。

 このサンシェードは、ドライブレコーダーを上手く回避するような構造になっています。

 また、市販のサンシェードは運転中など使わない時の置き場所に困りますが、この商品はビルトインなので、収納場所も確保されています」とそのメリットについてコメントしています。

 最近のクルマの使い方として、車内をリビングのように使いたいというニーズが増えていることに加え、コロナ禍によってクルマにプライベート感を求めるユーザーが多いとのこと。

 加えて、軽スーパーハイトワゴンのN-BOXのメインユーザーである子育て世帯の使い方として、車内で子どもが着替えをしたり、おむつを交換するといったケースも多いほか、さらには女性が化粧直しするといた場合にプライベートな空間が必要とされているといいます。

 そのような需要を踏まえ、ホンダアクセスはサンシェード内蔵大型ルーフコンソールを開発するに至ったそうです。

※ ※ ※

 この実用的かつ斬新なサンシェード内蔵大型ルーフコンソールは人気の商品となっており、新型N-BOXで好評であれば、ほかの車種への展開も検討されるようです。

 サンシェードの形状から、インパネがフラットで頭上空間があるモデルとの相性が良く、「N-VAN」や「フリード」「ステップワゴン」といったホンダ車の純正アクセサリーとして設定される可能性があるかもしれません。