2024年3月23日に世界初公開された日産のコンパクトSUVの新型「キックス」について5月1日、シニアデザイナーがデザインに込めた思いについて発表しました。新型キックスの大胆な内外装デザインに対し、SNSなどではさまざまな反響が寄せられています。

「高級スニーカー」をイメージした新型キックスのデザインどう思う!?

 日産が2024年3月23日に世界初公開した新型「キックス」の大胆なフォルムが生まれた経緯について、5月1日に同社のシニアデザイナーのコメントが公開されました。
 
 2024年夏に北米市場での発売を予定しているという新型コンパクトSUVに対し、SNSなどでは多くの声が寄せられてます。

 キックスは、2008年に軽SUV「KIX」として国内で初登場した車名。2016年に登場した現行型(2代目)「KICKS」は初代との関連性はなく、コンパクトSUVとして登場しています。

 ブラジルでのワールドプレミア後、世界各国での生産・販売を開始。2020年、ハイブリッドパワートレイン「e-POWER」を搭載したマイナーチェンジモデルがタイで発表され、同年6月には日本にも導入されるようになりました。

 そんななか、3代目となる新型キックスが米国で世界デビューを果たしました。

 新型キックスは、インパクト大なスタイリングと、より広く使いやすくなった室内や荷室空間を特徴とします。

 北米仕様のパワートレインは、最高出力141馬力を発揮する2リッター直列4気筒ガソリンエンジンとエクストロニックCVTの組み合わせ。FF(前輪駆動)に加え、北米向けとして初めて4WD仕様も新設定されています。

 現在のところ、現行型の日本仕様などに存在するe-POWERモデルなどの存在は明らかにされていません。

 ボディサイズは、全長4366mm×全幅1801mm×全高1631-1626mm、ホイールベース約2657-2664mmです。

 そんな新型キックスですが、その名には英語のスラングで「スニーカー」の意味があります。

 日産のシニアデザイナーであるケン・リー氏は、新型キックスのデザインにもこうしたスニーカーをヒントにした要素が盛り込まれていると話します。

 「私たちが伝えたい最大のメッセージは俊敏性とタフネスです。試行錯誤する中で出てきた案がアメリカンフットボールの選手です。

 大きく丈夫そうなフェンダーはアメフト選手のショルダー部、丸みを帯びたキャビンはヘルメットがヒントになっています。

 また新型キックスのロッカーパネルにあしらったクロスハッチパターンは、スニーカーのソールからインスピレーションを得たものです」

 インテリアについては外観とは異なり「外の世界から守られている繭(まゆ)のようなイメージ」だとし、快適さと安心感を第一に考え、それと同時に感触にもこだわったといいます。

 こうしてデザイナーたちが情熱を注ぎ込んだ新型キックスは、カジュアルなスニーカーではなく、ハイエンドなスニーカーだと説明します。

 そんな新型キックスについて、価格などは今夏の発売時に明らかにされるといいます。また今のところ国内の含めた海外での展開に関する情報も公開されておらず、期待が高まるところです。

 SNSなどでは、新型キックスに対しさまざまな反響が寄せられています。

 多かったのは、「未来感ある」「なかなかカッコイイのでは」など、外装デザインを評価する声でした。

 いっぽうで「フロントマスクが苦手」「斬新すぎてちょっと」などと、まだその大胆なデザインが見慣れないという保守層の意見も一定数見られます。

 実車がまだ日本国内で公開されておらず、限られた写真でしか見ることができないため、新型キックスのデザイン評価が定まるのは国内での正式発表後となりそうです。

「日本でも早くみたい」「日本仕様はe-POWER待ち?」など、国内での展開を期待する声があるいっぽう「散々海外で発表した後、ようやく国内導入という流れはなんとかならないのか」との厳しい意見も見られます。

 はたして日本仕様はどうなるのか、そしていつ正式導入となるのか、日産からの一日も早い公式発表が待たれるところです。