トヨタのドイツ法人は2024年6月3日、ニュルブルクリンク24時間レース会場に、新型「ミライ スポーツ コンセプト」を展示しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタの新型「スポーティセダン」実車展示!

 トヨタのドイツ法人は2024年6月3日、ニュルブルクリンク24時間レースのイベント会場に、新型「ミライ スポーツ コンセプト」を展示しました。

 ミライ スポーツ コンセプトは、燃料電池自動車「ミライ」のスポーツバージョン・コンセプトカー。2023年5月に開催されたスーパー耐久シリーズ第2戦(富士24時間レース)のイベント広場で初公開されました。

 専用設計のフロントバンパー、リアバンパー、マットブラックのボディカラー、ローダウンサスペンション、ミシュランパイロットスポーツSタイヤ、21インチアルミホイールなどを装備。

 アグレッシブな走りをイメージさせる仕上がりで、その翌月に開催のル・マン24時間レースの会場にも展示され、話題を振りまきました。

 さらに、その進化版ともいえる2号機が2023年11月開催のスーパー耐久第5戦に登場。1号機よりさらにローダウンされ、カーボン製のボンネットパネルにはエアアウトレットが設けられ、リアは巨大なGTウイングが目をひきます。

 パワートレインの制御もアップデートされており、伸び感のあるリニアな走りを追求したといいます。

 燃料となる水素と、空気中の酸素を化学反応させることで電気をつくり、その電気でモーターを回して走る燃料電池自動車は「究極のエコカー」として期待が寄せられています。ミライ スポーツ コンセプトは環境性能だけにとどまらず、その先にある「走りの気持ち良さ」を追求しているのが特徴です。

 今回ニュルブルクリンク24時間レースの会場に展示されていたミライ スポーツ コンセプトは、外観から1号機だと思われます。市販化の予定はありませんが、燃料電池自動車の可能性を広げるモデルだけに、今後の進化、展開からも目が離せません。