スズキ新型「スペーシア」のSUV風モデルとして、新型「スペーシア ギア」の登場を期待する声が寄せられています。どのような姿で登場するのでしょうか。

まるで“ジムニー”!? コンセプトカー登場してた?

 最近は軽自動車が人気となっており、なかでも背が高い「軽スーパーハイトワゴン」というジャンルが注目されています。
 
 そんな軽スーパーハイトワゴンでは、ホンダ「N-BOX」がトップを独走していたのですが、2024年5月の販売ランキングで状況が一転。スズキ「スペーシア」が販売1位となりました。

 2023年にフルモデルチェンジしたスペーシアは、3代目へと進化。内外装デザインの刷新のほか、機能性・安全性などが向上しています。

 従来モデルから引き続き、標準仕様のスペーシアとカスタム仕様のスペーシア カスタムを設定。どちらも大容量の“コンテナ”をモチーフとしたデザインを採用した、遊び心あるスタイルが特徴です。

 内装は、上質感あふれる仕立てとなったほか、後席にオットマンや荷物置きなど多彩に使える「マルチユースフラップ」を設けるなど、機能的で便利なアイテムも採用され、居住性や使い勝手が向上しました。

 このように大きく進化した新型スペーシアですが、2代目モデルでラインナップに加わったSUV風の派生モデル「スペーシアギア」についてはフルモデルチェンジがおこなわれていません。

 従来モデルでも後から追加設定されたこともあり、新型スペーシアギアのデビューを心待ちにしているひとも多いでしょう。

 新型スペーシアギアは現在開発中とされており、近い将来登場する予定なのですが、その詳細は明らかになっていません。

 一方でスズキは、新型スペーシアギアのようなコンセプトカーを「東京オートサロン2024」に参考出品しています。

 それは、親子でアウトドアや料理を一緒に楽しむ、ファミリーキャンプの世界観を表現した「スペーシア パパボクキッチン」というコンセプトカーです。

 スペーシア パパボクキッチンの外観は、まるでスズキの軽本格四駆「ジムニー」のような5スロットグリルと丸目ヘッドライトを装着。

 頑丈そうなフロントグリルやボディ下部にはスキッドプレート状のパーツが装着されたほか、屋根にルーフレールを搭載し、フロントドアにはヒンジのようなパーツが取り付けられ、タフギア感あふれるクロスオーバーSUV風のスタイルに仕立てられています。

 さらに、ホワイトレターのオールテレーンタイヤ(ヨコハマ ジオランダーA/T)にはブロンズのホイールが組み合わされ、SUVらしさを強調したワイルドな外観デザインを実現しました。

 スペーシア パパボクキッチンではボディカラーも特徴となっており、ボディをベージュ、ルーフをブラウン、下回りをカーキと3色に塗り分けて、アウトドアや自然になじむスタイルとなっています。

 内装は、インパネやドアパネルにはオレンジやベージュといったアクセントカラーがあしらわれているほか、ブラウン×オレンジアクセントのシート、ウッド調加飾など、アクティブな雰囲気のインテリアもアウトドア感を盛り立てます。

 面白いのは、スペーシア パパボクキッチンの車内がキャンプ仕様になっていること。

 後席から荷室にかけてはキッチンスペースにカスタマイズされ、引き出し式のキッチンを展開することでコンロやシンクが出現。車両の後方では親子で調理をすることができるようなユニークな仕掛けも施されました。

※ ※ ※

 スペーシア パパボクキッチンが新型スペーシアギアなのかどうかはわかりませんが、さまざまな反響が見受けられました。

「コンセプトモデルは男性にウケしそうなエクステリアですね」「ジムニーのようなマスクやキャンパーも納得の車内レイアウトなど、家族でもソロでも楽しませてくれる一台になりそう」など、スペーシア パパボクキッチンのSUVらしいデザインや機能に興味を示す声がありました。

 また、「まだ出ないのか?」「発売を待っているんですけど」と、新型スペーシアギアの登場を心待ちにしている人もいるようです。

 さらに、「動力性能と装備面が充実しているのは間違いなく、あとはギアとしての差別化に期待している」「4WDの足回りの強化とグリップコントロールやヒルディセントコントロールを装備して欲しい」など、新型スペーシアギアならではの機能の搭載に期待する意見も寄せられました。