マツダのアメリカ法人は2024年6月6日、2025年型の新たな「マツダ3」を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

マツダ新型「小さな高級車」発表! MT設定もあり!

 マツダのアメリカ法人は2024年6月6日、2025年モデルとしてアップデートした新たな「マツダ3」を発表しました。

 マツダ3は2003年に「アクセラ」の名でデビューした世界戦略車。それまで9代続いた「ファミリア」(1963年〜2003年)に代わるコンパクトモデルとして登場しました。

 現行モデルは初代アクセラから数えて4代目(2019年〜)にあたり、2つのボディタイプ(ファストバックとセダン)を展開しています。今回2025年型として発表されたのはファストバックとなります。

 ファストバックのボディサイズは全長4460mmX全幅1795mmX全高1440mm、ホイールベース2725mm。

 パワーユニットは最高出力191ps/最大トルク252Nmを発生する2.5リッターガソリンで、ギアボックスは6速AT(マニュアルモード付き)または6速MT。駆動方式はFWDまたは4WDです。

 2025年型の主なトピックは2つあります。まずアマゾンのAIアシスタント機能「アレクサ」の搭載です。

 これによりハンズフリー機能が強化され、エアコンの温度調整やオーディオの選曲が音声でできるほか、スマートホームデバイスの操作も車内から行えるようになりました。

 もうひとつのトピックは新しいエントリーグレード「S」が設定されたことです。Sの価格は2万4950ドル(約390万円)。

 それまでエントリーグレードを担っていたSセレクトスポーツより1000ドル(約16万円)ほど安い設定です。もちろんその分、装備は簡略化されていますが、全グレードとしての価格帯が広がったことで、より幅広い層にアピールできるとしています。

 なお、セダンは今秋、2025年型が発表される見通しです。