スズキのインドネシア法人は2024年5月29日、「ジムニー」の新たな5ドアモデルを同市場で発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

新型「“5ドア”ジムニー」発売

 スズキのインドネシア法人は2024年5月29日、コンパクトSUV「ジムニー」の5ドアモデルを同市場で発売しました。

 ジムニーは1970年の発売以来、国内外で多くのファンに愛され続けている世界最小クラスの本格四輪駆動車。その人気をさらに加速させているのがインドで生産されている5ドアモデルです。

 昨年の生産開始以来、アフリカや中南米などに輸出を広げ、新たなファン層を開拓しており、インドネシアでは今年2月に開催されたインドネシア国際モーターショー2024で現地初公開。市販化への期待が高まっていました。

 ボディサイズは全長3965mm、全幅1645mm、全高1725mm、ホイールベース2590mm、最低地上高210mm。

 パワーユニットは3ドアモデルと同じ1.5リッターガソリンエンジンで、最高出力102hp/最大トルク130Nmを発生します。ギアボックスは5速MTまたは4速AT、4WDシステムはパートタイム式です。

 インドネシア仕様はモノグレードで、LEDヘッドライト、15インチアルミホイール、9インチタッチスクリーンヘッドユニット、クルーズコントロールを標準装備するなど充実した内容です。内外装を飾り立てるアクセサリーも豊富に用意されています。

 ただ、日本仕様の上位グレードに標準装備されるドアミラーLEDサイドターンランプはオプションにも設定されません。

 ボディカラーはグラナイトグレーメタリック、パールブルーイッシュブラック、ジャングルグリーン、シフォンアイボリーメタリック、シズリングレッドメタリック、キネティックイエローの計6色。後者2つはルーフをブラックにしたツートーンとなります。

 価格はMT車が5億700万ルピア(約490万円)、AT車が5億2000万ルピア(約500万円)で、ツートーンカラーは300万ルピア(2万9000円)高となります。参考までに3ドアはMT車が4億4740万ルピア(約430万円)、AT車が4億6100万ルピア(約445万円)となっています。