軽自動車というと手軽な「アシ」というイメージも強いですが、近年の新型車では上質さをウリにしたモデルも増えています。日産の新型「ルークス アーバンクロム」もそんな1台です。

シブく漆黒の輝きを放つ「ダーククロムフロントグリル」がカッコイイ!

 日産は2024年6月10日、軽自動車「ルークス」を一部仕様変更しました。同時に日産の関連会社である日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)も、カスタムモデル「ルークス ハイウェイスター Urban CHROME(アーバンクロム)」に同様の変更を加え、同日より発売しました。
 
 通常モデルに対し「ひと味違う上質感を感じられる」という新型“アーバンクロム”は、どこが違うのでしょうか。

 2009年に初代が誕生したルークスは、背の高い車体を生かした広い後席空間、後席両側スライドドアなどによる実用性の高さが特徴の軽スーパーハイトワゴンです。

 2014年、車名を「デイズルークス」に変えて登場した2代目からは、三菱自動車工業(以下、三菱)との合弁会社NMKVにより企画開発され、三菱の工場で製造されています。

 そして現行型は2020年に登場した3代目で、フルモデルチェンジとともに再びルークスの車名となりました。

 3代目ルークスは、運転支援技術「プロパイロット」に代表される先進安全機能をさらに充実させ、走行性能や実用燃費、使い勝手なども向上させています。

 2023年6月には高級感を高めた内外装のデザイン変更や、進化した安全機能などを追加するマイナーチェンジを実施していますが、今回もさらに一部改良を施しました。

 最新の法規適合による仕様変更を実施するほか、ボディカラーのラインナップを変更し、新色「バブルガムピンク/ホワイトパール(2トーン)」「シルキーライラック」と「カンジュクカシス/ホワイトパール(2トーン)」を新設定しています。

 そしてカスタムモデルのルークス ハイウェイスター アーバンクロムには、専用2トーンカラー「カンジュクカシス/ブラック」が新設定されました。

 このアーバンクロムは、ルークスの上級グレード「ルークス ハイウェイスター」をベースに、さらに上質に仕上げたカスタムモデルの特別仕様車で、2020年12月にルークスに初設定されたものです。

 アーバンクロムを手がけたNMCは、その特徴について次のように説明します。

「アーバンクロムは、漆黒のフロントグリルなどの専用装備により、さりげないこだわりで、ひと味違う上質感を感じられるスタイルに仕上げたモデルです」

 いわば“小さな高級車”というべきアーバンクロムは、発売以来ユーザーから好評を集めているといい、2023年のマイナーチェンジ後も引き続き設定がされています。

 そして今回の改良を施した最新型アーバンクロムの仕様は、シブく漆黒の輝きを放つ「ダーククロムフロントグリル」が外観上で最大のポイントです。

 そしてシャープな切削面が輝くスポークデザインを採用した「専用15インチアルミホイール」も、通常のモデルとはひと味もふた味も違ったオーラを放ちます。

 このほか「サイドターンランプ付電動格納式リモコンシルバードアミラー」「Urban CHROME エンブレム」などの専用装備も備わります。

 内装はブラックのシブいコーディネイトとし、合皮素材の「フレーザークロス/パートナー」コンビシートを専用装備します。

 上質な本革を思わせる柔らかな風合いの新素材で、汚れが拭き取りやすい防水仕様というのも特徴です。

 またインパネは、専用ライトグレーステッチを施したレザー調の仕上げとなっています。

※ ※ ※

 内外装を特別な仕立てとした小さな高級車、新型アーバンクロムの販売価格(消費税込み)は、201万1900円から239万9100円までです。

 660cc自然吸気エンジンと同インタークーラー付きターボエンジンが選べ、駆動方式はそれぞれFF(2WD)と4WDが設定されます。

 なおボディカラーは、前述の専用色であるカンジュクカシス/ブラック(新色)をはじめとする全10色が用意されています。