運転免許証の新規交付や更新の際、自分で4桁の暗証番号を2つ設定したことを覚えている人もいるかもしれません。この暗証番号は、ICカード運転免許証を発行することにともない必要となったものです。どのようなときに役に立つのでしょうか。

運転免許証「2つの4桁の暗証番号」覚えている?いつ使う?

 運転免許証のICチップの導入にともなって暗証番号が設定されるようになりました。
 
 その暗証番号は、あまり使う機会がありませんが、どのようなときに役に立つのでしょうか。

 運転免許証の新規交付や更新の際に、自分で4桁の暗証番号を2つ設定したことを覚えている人もいるかもしれません。

 この暗証番号は、ICカード運転免許証を発行することにともなって必要となったものです。

 ICチップは2007年から導入されていて、2010年1月以降は、すべての都道府県でICカード運転免許証が採用されています。

 現在、発行されているICカード運転免許証には、顔写真の横あたりにICチップが埋め込まれています。

 運転免許証のICチップには、氏名や生年月日、運転免許証交付年月日、有効期間の末日、運転免許の種類、運転免許証番号、顔写真など、運転免許証の券面に記載または表示されるもののほか、券面に記載されない本籍が記録されています。

 はたして、この運転免許証のICチップはどのようなときに使われているのでしょうか。

 運転免許証のICチップについて、警視庁広報課の担当者は以下のように話します。

「都道府県警察の運転免許センターや警察署の運転免許窓口などでは、免許更新の申請等の際、運転免許証の券面記載事項とICチップの電磁的記録を比較することで、運転免許証の真贋確認(しんがんかくにん)を実施しています。

 また、民間事業者により開発された読み取りアプリや真贋判定装置を用いてICチップを読み取ることもできます」

 では、どのような理由から運転免許証にICチップが入れられるようになったのでしょうか。

 その理由について、前出の担当者は以下のように話します。

「運転免許証のICカード化については、偽変造防止対策、本籍欄の券面からの削除によるプライバシーの保護などを目的として、ICカードの高度なセキュリティ機能を運転免許証に導入しています。

 なお、運転免許証のICチップに記録している個人情報を第三者に読み取らせないために、暗証番号を設定しています」

 多くの個人情報が記載されている運転免許証は、身分証明書として一般的に広く知られている一方で、過去には運転免許証を偽造して犯罪に利用する事件が度々起こっていました。その対策としてICカード運転免許証を導入することにより、悪用されるリスクを抑えようとしているわけです。

 しかし、ICカード運転免許証にしても簡単に情報を読み取れてしまっては十分な効果が得られません。

 そのため、運転免許証の新規交付や更新の際に、自分で4桁の暗証番号を2つ設定し、セキュリティを高めるようになりました。

運転免許証の2つの暗証番号… もし忘れてしまったらどうする?

 2つの4桁の暗証番号は、あまり使う機会がないかもしれません。

 しかし、一部市町村や銀行などでは、本人確認時にこの暗証番号が必要になることもあるようです。

 たとえば、三菱UFJ銀行ではスマートフォンを使用して口座開設する場合など、非対面で本人確認をおこなうときに、暗証番号を使って運転免許証のICチップを読み取ることで、手続きの一部を省略できるといいます。

 ほかにも、本籍といった券面に記載されておらず、ICチップに記録されている情報を知りたい場合、運転免許試験場や免許センター、警察署などに設置された専用の端末を利用することで把握できるようになっています。

 しかし、日常的に使う機会が少ない運転免許証の暗証番号を忘れてしまっている方もいるかもしれません。

 もし暗証番号を忘れてしまった場合はどうしたらよいのでしょうか。

 このことについて、警視庁は「運転免許試験場のほか運転免許更新センター、警察署に本人が運転免許証を持参した上で申し出る必要がある」と説明しています。

 暗証番号を3回続けて間違えるとICチップは読み取りできなくなり、そして暗証番号を失念してしまってICチップの読み取りができなくなった場合は、本人が申し出る手続きをしなければいけません。

 電話での照会や代理人による照会には応じておらず、暗証番号は次回の運転免許証更新や再交付、各種運転免許取得の手続き時まで変更できないようになっています。

 このようなことを知ると、運転免許証の2つの暗証番号を忘れてしまいそうで不安な人もいるかもしれません。

 そういった人に向けて、警察は暗証番号の付け方について次のように案内しています。

 運転免許証の暗証番号は4桁のものを2つ設定するのですが、暗証番号1は運転免許証の券面に記載されている情報しか読み出せないため、券面に記載されている運転免許証番号の一部を利用することを推奨しています。

 ただし、暗証番号2については、券面に書かれていない本籍の情報を閲覧できるようになるため、本人にしか知りえない番号を設定しなければいけません。

※ ※ ※

 このように、運転免許証の2つの4桁の暗証番号を失念してしまうと、本人が運転免許証を持参して、運転免許試験場のほか運転免許更新センター、警察署の窓口で照会しなければならず手間がかかってしまいます。

 そのため、暗証番号の控えは確実に安全な場所で保管し、必要なときに思い出せるようにしておきましょう。