ケータハムカーズ・ジャパンは、2024年6月21日に「SUPER SEVEN 600 CLASSIC EDITION」を新たに発売しました。

ケータハム「SUPER SEVEN 600 CLASSIC EDITION」が発売された

 2024年6月21日にケータハムカーズ・ジャパンは「SUPER SEVEN 600 CLASSIC EDITION」を新たに発売しました。
 
 どのような特徴があるのでしょうか。

 SUPER SEVEN 600 CLASSIC EDITIONは、新たに日本市場に導入された「SUPER SEVEN 600 & 2000」の発売を記念するモデルです。

 SUPER SEVEN 600は、1970年代に発売され1980年代を通じて人気を博したケータハム初期の「スーパーセブン」からインスピレーションを得ています。

 スタイルとパフォーマンスが完璧に融合した、昔ながらの英国軽量2人乗りスポーツカーを、21世紀向けに再構築するモデルです。

 エクステリアではSUPER SEVEN 600をベースにクラシック感満載の無塗装アルミボディー+ビンテージグリーンコンポジットパネル(フレアードフロントウイング)を採用。

 さらに14 インチブラックJuno ホイール(特別装備)、スペアホイール&キャリアをなくすことで軽量化されたすっきりとしたリアアルミパネル、Classic Signature シート(特別マデイラレッド・ファイングレード・ミュアヘッドレザー + ブロディ―ハンティングウェザード・タータンファブリック)。

 レッドパウダーコートダッシュボード(特別装備)、ユニオンジャックバッジ(リアウイング)、Moto-Lita 製ウッドリムステアリングホイール、マップポケットを装備しています。

 パワートレインは、「SEVEN 170」と同じ85馬力を発生するスズキ製660ccターボエンジンを搭載。

 0-100kmを6.9 秒で加速、ライブアクスルシャシも共有しています。

 その運転フィーリングは、風を感じながら日曜日のゆったりとしたドライブを楽しみたいけど、馬力や発進加速にはあまり重きを置かない人向けに、日常速度域でのシンプルで純粋な運転体験を提供するとしています。

※ ※ ※

 SUPER SEVEN 600 CLASSIC EDITIONの価格は、899万8000円です。

 なお2024年6月30日までの期間限定受注となっています。