日産は軽スーパーハイトワゴン「ルークス」の一部改良モデルを2024年6月10日に発表しました。販売店ではどんな反響があるのでしょうか。

日産が新型「軽ワゴン」発表!

 日産は2024年6月10日、軽自動車「ルークス」の一部改良モデルを発表、同日より発売しました。

 販売店ではどんな反響があるのでしょうか。

 ルークスは、背の高さと広い室内空間を特徴とする「スーパーハイトワゴン」に属する軽自動車。初代モデルは2009年に登場しました。

 2014年に登場した2代目からは、三菱自動車工業(以下、三菱)との合弁会社NMKVにより企画開発され、三菱の工場で製造されるようになりました。

 現行モデルは2020年に全面刷新した3代目で、運転支援技術「プロパイロット」などの先進安全機能を搭載したほか、走行性能や燃費、使い勝手などが向上しています。

 最近では2023年6月にマイナーチェンジが行われ、質感高い内外装のデザイン変更や安全機能が追加されるなどの進化を遂げています。

 今回の一部改良では、最新の法規に適合するよう仕様変更されたほか、新たなボディカラーが追加されました。

 なかでも2トーンカラーに新色「バブルガムピンク」が期間限定でラインナップ。

 このカラーについて日産は、「ポップで活き活きとした印象を与える、鮮やかな新色」と説明しており、他に見ることのない華やかなカラーリングに仕上がっています。

 また「シルキーライラック」と「カンジュクカシス/ホワイトパール(2トーン)」も新たに設定されました。

 一部改良を施した新型ルークスの販売価格(消費税込)は、163万7900円から231万6600円までです。

 販売店での反響について、都内日産販売店の営業スタッフは以下のように話します。

「ルークスはカラーリングで選ばれる方が結構多いですね。

 今回追加されたカラーリングでは、『カンジュクカシス』の2トーンカラーは結構問い合わせがあって注文を受けました。

 またマイナーチェンジの際に追加された『カクタスグリーン』も結構人気です。

 ピンクのカラーも女性のお客さまから注文を受けましたね。他にはない日産ならではのカラーリングかと思います」

※ ※ ※

 また今回日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社は、ルークス「ハイウェイスター アーバンクロム」、「ライフケアビークル」シリーズをベース車と同様に一部仕様変更したことも明らかにしました。

 ルークス ハイウェイスター アーバンクロムには、「カンジュクカシス/ブラック」の2トーンカラーが新たに設定されました。

 なお同日には、軽ハイトワゴン「デイズ」も一部仕様変更モデルが発表されています。