五輪事前合宿に向けコサージュ作り

五輪事前合宿に向けコサージュ作り

義務教育学校の生徒たちが、木材から出る木くず=「かんなくず」を使ってコサージュを作りました。コサージュは、東京オリンピックの事前合宿を高知県内で行うシンガポールの選手団にプレゼントされます。

コサージュを作ったのは、高知市の土佐山学舎の7年生です。生徒達は土佐山の森林や木について学ぶ中で、かんなくずを使ったコサージュ作りに取り組んでいます。

そのコサージュを来年の東京オリンピック・パラリンピックで活用してもらおうと、今月7日に生徒達が県庁を訪問。「県内で事前合宿を行う選手に コサージュをプレゼントする」ことが決まりました。そしてきょう、来月から県内で事前合宿を行うシンガポールの選手団に贈るコサージュを制作しました。

「シンガポールの選手に渡すということで花びらの形をハートにして『心を込めておもてなしをします』というような意味で花びらをハートの形にしたデザインでやっています」(土佐草木花 辻ゆかさん)

材料のかんなくずは県産のヒノキから出たもの。高知の自然の恵みをプレゼントするため、生徒達の表情は真剣そのものです。

「昔(以前)作っていたものは葉っぱの形だが、それよりハートの花びらがかわいいのでいいと思う」
「一番最初に『ありがとう』と言ってもらったらもう泣くほど嬉しい(笑)」

完成したコサージュは、来月予定されている選手団の歓迎レセプションで、選手たちにプレゼントされることになっています。


KUTVテレビ高知の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

高知 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索