NY株、約9カ月ぶり安値 507ドル安、経済減速懸念

NY株、約9カ月ぶり安値 507ドル安、経済減速懸念

 【ニューヨーク共同】週明け17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落し、前週末比507.53ドル安の2万3592.98ドルで取引を終えた。約9カ月ぶりの安値水準。世界経済の減速懸念が広がり、ダウ平均を構成する全銘柄が下げた。

 連邦準備制度理事会の連邦公開市場委員会を控え、利上げへの警戒感も強まった。著名投資家のガンドラック氏がCNBCテレビで、米株式市場に関し「弱気相場」との見方を示し、投資家心理が悪化した。下げ幅は一時640ドルを超えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は156.94ポイント安の6753.73と3営業日続落。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索